ビットコインの使い道3つを徹底的にわかりやすく解説する

ビットコインの使い道3つを徹底的にわかりやすく解説する

どうも、ライフエンジン運営のだいち(@spountant)です。

まだまだ黎明期のビットコイン。その使い道を理解するのは大変だった。

ビットコインには、主に3つの使い道がある。

その3つの使い道をできるだけわかりやすく解説していこうと思う。

参考図書は「1時間でわかるビットコイン入門」。

こちらはKindle Unlimitedに登録すれば無料で読むことができる。

スポンサードリンク

ビットコインの使い道1:ビットコインの売買で利益を得る(投資)

ビットコインの1つ目の使い道。

それはビットコインを「安く買って、高く売る」ことで利益を得るという投資方法だ。

日本にはすでに10か所以上の「仮想通貨取引所」がある。

これらの仮想通貨取引所で、ビットコインを”投資目的”で購入する人もたくさんいるのだ。

 

ビットコインの価格は、需要と供給によって決定される。

つまりビットコインを買いたい人(ほしい人)が多ければ価格は上がり、反対にビットコインを売りたい人(いらない人)が多ければ価格は下がるというわけだ。

「今後ビットコインの価値が下がってしまうのではないか」と考える人や、利益を確定したいのでビットコインを手放したい人が多くなると、価格は下落する傾向にある。

ビットコインは値段の変動が激しいので、投資目的でビットコインを買うのであれば、余剰資金で購入しよう。

現在、ビットコインの取引がもっとも盛んな取引所はCoincheck(コインチェック)

取り扱っている仮想通貨の種類も日本一なので、仮想通貨を触ってみたいのであれば、まずはCoincheckから始めてみるとよいかと思う。

関連記事:coincheck(コインチェック)で仮想通貨の口座をすぐに開設する方法

 

ビットコインの使い道2:代金の支払いをビットコインで行う(決済)

ビットコインの使い道の2つ目は「決済」だ。

お店で買い物をしたときや、食事をしたとき、現金を支払う代わりにビットコインで決済することもできるようになってきた。

クレジットカードやデビットカードを使うような感覚で、ビットコインでも決済ができる。

スマホにビットコイン用のアプリを入れ、お店の端末にスマホをかざすだけで代金の支払いを完了させることができるというわけだ。

このビットコインでの決済は、今後急速的に普及していくと思う。

 

スポンサードリンク

ビットコインの使い道3:だれかにビットコインを送る(送金)

ビットコインの使い道の3つ目は「送金」。

ビットコインは手数料が限りなく少ないことが1つの特徴だ。

それは海外への送金時に大きなメリットを得られる。

たとえば子どもが海外に留学し、毎月5万円の仕送りをすると想定しよう。

このとき銀行の海外送金サービスを利用すると、1回あたり約3,000円ほどの手数料がかかってしまう。

しかしここでビットコインを使えば、この送金のやり取りは瞬時に行われ、かつ手数料はかなり安く済む。

ビットコインを送る側、受け取る側が両者とも口座を開設していれば、送金をかんたんに行うことができる。

ビットコインを受け取った側は、それをすぐに現地の通貨に交換することができるので、実質的には現金を送金したような形となるのだ。

送金の手数料が気にならないほど安いので、そのメリット活かしてビットコインを寄付にも使うことができる。

たとえば途上国の教育支援金として送金したり、お手伝いをしてもらった人に感謝の気持ちを乗せて送金したり。

手数料が安いので、こういった寄付や投資の用途にもビットコインを活用することができる。

 

ビットコインの使い道3つまとめ

  1. ビットコインの売買で利益を得る(投資)
  2. 代金の支払いをビットコインで行う(決済)
  3. だれかにビットコインを送る(送金)

以上がビットコインの使い道3つだ。

実際にビットコインに触れてみると理解も早くなるかと思いますので、ぜひいろいろ触ってみるといいと思う。

 

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"