医療費控除の計算申請方法をわかりやすく解説~たかしくんと確定申告をしてみよう~

医療費控除の計算申請方法をわかりやすく解説~たかしくんと確定申告をしてみよう~

どうも、会計士試験合格者のだいち(@spountant)です。

確定申告をする際にお目にかかる医療費控除。

そのちょっとむずかしそうな医療費控除について、できるだけわかりやすくたかしくんと学んでい。

さらに医療費控除の計算方法、たかしくんを使った控除額シミュレーション、申請方法までをいっしょに見ていこう。

医療費控除とは?

f:id:dHarada:20170212212525j:plain

医療費控除ってそもそもなぁに?

医療費控除とは、治療のために支払った医療費について適用される所得税の控除のことを言うんじゃよ。

控除額はいくらくらいになるの?

医療費 ‐(所得の合計額×5%)or -10万円じゃよ。
所得合計の5%か10万円かの判定は、小さいほうの金額を採用するぞぃ。

医療費控除で重要となるポイントは、その医療費が「治療に関するものであるか」という点。「治療」ではなく「予防」のための費用なら、医療費控除の対象とならないのだ。予防の方が大事じゃね?と思っているのだが…

f:id:dHarada:20170504172336p:plain

また、本人だけでなく、奥さん(もしくは旦那さん)や子供の分にかかる医療費を支払った場合も、支払った分を”1つの財布から出したお金”として、すべてを一括して医療費控除の計算を行うことができる。

医療費控除の対象となるもの

  • 歯医者さんでの治療
  • 子ども(未成年)の歯の矯正治療(成人は対象外)
  • どこか体の具合が悪くて飲んだビタミン剤や栄養ドリンク(医薬品であることが条件)
  • メタボの人がお医者さんに言われて、スポーツジムに通ったときの費用
  • 出産費用
  • 病院までタクシーが必要なくらいしんどかったときに支払ったタクシー代

歯の矯正治療に関して、子どもの場合は”治療”に該当するらしいが、成人の場合は美容整形扱いにされ、”治療”に該当しないので、医療費控除の対象にもならない。

医療費控除の対象とならないもの

  • 美容整形にかかった費用
  • 病気の予防のための費用
  • 置き薬

医療費控除は10万円からってほんと?

よく「医療費控除は10万円から」といわれることが多いが、所得合計が200万円未満なら、医療費が年間10万円未満でも控除を受けられることがある。

つよしくんは年間所得150万円のちょっと稼ぎ過ぎた大学生である。病弱なつよしくんは年間に医療費として8万円支払っている。

この場合、所得の合計額の5%である8万円は10万円より小さいので、8万円を差し引く金額として採用し、10万円-8万円=2万円(医療費控除適用額)という計算になり、医療費の金額が10万円以内でも医療費控除が受けられるということになる。

 

医療費控除のシミュレーション(たかしくんの場合)

たかしくんは、奥さんと夫婦2人で暮らしている。共働きで、状況は以下のとおり。

  • たかしくんの所得は300万円
  • 奥さんの所得は50万円
  • たかしくんにかかった医療費は9万円だった

少しややこしい話になるが、落ち着いていっしょに確認していこう。

まず医療費の金額は9万円ある。

これをたかしくんの医療費控除の計算に組み込むと、医療費控除の適用ができない計算となってしまう。

一方、医療費の金額9万円を奥さんの医療費控除の計算に組み込んでみよう。そうすると、65,000円の控除を受けられる計算となる。

先ほど、1つの財布に対して医療費の計算を行うと書いたが、この財布の持主を奥さんにすることで、たくさんの医療費控除を受けられる計算となる。ただし、そもそも奥さんに課税される所得税がなければ、控除してもムダになってしまうので注意しよう。

たかしくん一家は、治療にかかった費用のレシートをきちんと残していたので、奥さんは65,000円の控除を受けることができましたとさ。めでたしめでたし。

参考記事:医療費控除を申請したい!用紙はどこで入手する? [確定申告] All About

 

医療費控除まとめ

  • 「治療」に関する医療費であれば控除の対象となる
  • 家族の分も控除に加えることができる

以上が、確定申告における医療費控除の解説および計算シミュレーションだ。忘れずに申請しておこう。

 

URL :
TRACKBACK URL :