VALUERの「しんさん」は人の夢を応援できる熱いヒトだった。

今回はVALUを購入してくれた「しんさん」をインタビューしてきた。だいちのVALU保有者であれば、優待としてインタビューを受けられるので、それを利用してもらったという感じ。

スポンサードリンク

しんさんってどんな人?

f:id:dHarada:20170723193837j:plain

よろしくお願いします!早速インタビューを始めさせて頂きたいと思います。

宜しくお願いします!初めましてなんで自己紹介からしましょうか笑

あっ!お願いします!笑

私、現在29歳でですね、大阪出身で、大学院までずっと大阪にいました。

あ、大阪いっしょや

24歳卒業と同時に東京に出てきて、日本企業の資金調達のサポートとか、大企業向けの日本国内でのM&Aのサポートをしていました。で、去年シンガポールに移って、海外企業専門で同じことやっているような感じです。

M&A(エムアンドエー)とは、他の企業を買って、既存の事業を大きくしたり、新しい事業にチャレンジしたりするときに用いる手法じゃよ。

今、シンガポールにいらっしゃるんですね!日本の企業と東南アジアの企業のM&Aを支援するという感じなんですか?

そうですね。日本の企業が海外に出たいっていうときのサポートを主にしています。

小学校のときの友だちと事業をする感覚

なるほど。ずっとM&Aをやりたかったんですか?

いえ、一番やりたいのはプライベートエクイティなんですよ。

プライベートエクイティとは、まだ名も知れていない会社の株を取得し、そこの会社の経営に深く関与して、その株の価値を高めていくという手法じゃよ。

「この会社こここうしたらもっと良くなるのに、なんでしないんだろう」っていうところに投資して、取締役として参画するって感じなんです。

ふつうに企業に入れるんですね!それはおもしろそう。。

プライベートエクイティもやりたいし、自分で事業もやりたいし。

そうなんですね!事業はどんなことしたいんですか?

ぼく、プライベートエクイティファンドを作りたいんですよ。

おぉ!ご自身で!

ただ、プライベートエクイティファンドっていうと聞こえはいいんですけど、そこはこだわってなくて。

ほぉほぉ

例えば、小学校のときの友達でお好み焼き焼くの上手いやつがいたら、そいつと一緒にマーケティング戦略考えて、「どういうお好み焼きやったら売れるやろう?」「ああしよう、こうしよう」って考えて、開業資金の半分出して、そのお好み焼き屋さんを成功に導くみたいな。

おおおぉぉ!!めっちゃいい!!

そういうのでいいと思うんですよ。そういうのがしたいんですよね。

なんかVALUと似てる感じがしました。応援したい人を応援して、一緒に歩んでいくって感じが。

似てますよね。ぼく今後はもうちょっと情報発信をしていって、サポートしてくれる人を増やして。それこそそういう人たちから、VALUというよりは、マイクロファイナンスで一口1万円とかで出資を募りたいんですよ。

マイクロファイナンスとは、「小口金融」のことで、少額で融資を募るというイメージじゃ。

で、そこで集めたお金をもとに、例えばお好み焼き屋さんに投資をする。そのお好み焼き屋さんがどうなっているのかを随時発信したりして、成功して資金を回収できたら、出資してくれた人に見合いのお金を返す。そんな感じをイメージしてます。

いやぁ、いいですね~!めっちゃおもしろそう!!お金じゃなくて、お好み焼きで返すとかもできそうですね!

そうですね!お金を集めて、それをお好み焼きで返したら、それこそ今のクラウドファンディングになるじゃないですか。

あぁ~たしかに!

物で返すのであれば現段階でも可能なんですよ。でも、エクイティとして個人からお金を集めることが禁止されている。ただ、シンガポールでエクイティとして個人からお金を集めるのが解禁されようとしてて。

エクイティとは、株などにより調達された返済義務のない資金のことを指すぞぃ。

だから、近いうちに日本でも解禁されると思うんですよ。そうなったときに一口1万円からお金を集める。で、そのお金を出してもらう主旨としては、リターンを得るとかじゃなくて、そういうおもしろい夢に一緒に乗っていきたい。ある意味「夢を買う」みたいなところで勝負したいですよね。

同じ船に乗り込むような仲間

仲間と一緒になにかに向かっていく瞬間とかが好きなんですか?

すごいそういうのが好きですね。学生時代から団体をつくって、人集めて、おもしろいことして、飲み会するみたいな。

ぼくもウェイウェイするの好きなんですけど、一緒に仲間と目標に向かっていくのもすごい好きなんですよね。

楽しいですよね。例えば、飲みに行って、最初はしょうもない下ネタとかで盛り上がったあとに、二次会からなんか急に仕事の話を真剣にし始めるみたいな。

いいですねぇ。めっちゃわかります。

現役金融マンが語る、VALUの実態とは?

話変わるんですけど、今興味を惹かれてるものって何かありますか?

VALUはおもしろいですね!ただ、今ムダに値段上がりまくってるのってありますよね。それって本質的な価値を示しているのかなって。

あぁ~数字だけの世界になっちゃってるって感じなんですね。

そうなんですよ。本質的な価値って、それを保有することで得られる価値、お金を払う代わりに得られる対価じゃないですか。
で、今VALUを購入することで得られる対価っていうのは、優待と、その人を応援しているっていう自分の喜びだと思うんですよ。

今は明らかに投機的な動きがあるので、それが収まればやっぱりおもしろいサービスだと思うんですよね。

長期的な目線で見たら投機的な行動ってなくなってくるんですかね?

なくなりますね。例えば昔の遊戯王カードでブルーアイズホワイトドラゴンがあって、その紙切れなんて本質的な価値なんて3円とか4円とかで。

それが投機的に扱われて、3万円とか4万円とかになってしまう。で、遊戯王ブームが去ったときに、そのカードに本質的な価値はないわけですから、その価値って下がり続けるわけじゃないですか。

わかりやすい。。

今の時点でのぼくがVALUを買う目的っていうのが「友達になる口実」なんですよ。

例えば、この人と友達になりたいなと思って急にメッセージ送っても無視されることも多いじゃないですか。でも、「VALUを買いました!応援してます!」って言われて悪い気する人ってあんまいないと思うんですよ。

そうですよね。行動で示してますもんね。

ええ。そういう言い訳に使えるかなって。

だいち株を買ってくれた理由

あ、一つ聞いていいですか?なんでぼくのVALUを買ってくれたんですか?

まず公認会計士在学中に取られてるっていうのを見て、まず単純にすごいなっていうのがあって、で、その後ブログ見たんですよ。

すごいわかりやすく書いてるなぁと思って。あと優待のインタビューですよね。どういうインタビューしてんねやろって思って、過去のインタビュー記事を見ると、まとめ方もうまいし、わかりやすいし。

で、人のことインタビューするってことは、人に関心ある人でしか絶対やらないじゃないですか。人に関心持ってる人っていうのがぼくが好きなんで、だからこの人と関わりたいなと思って、VALUを買いました。

嬉しいっす。涙

こうやって接点持って頂けるだけでいいので^^

神々しい。。

日本って欠点探すの好きじゃないですか。ネットでも揚げ足を取ったり、文句言ったりして。でも、VALUってみんながみんなの長所を伝えてるってところで、すごい成功してると思うんですよね。

自分が応援してる人が活躍してくれたらめっちゃ嬉しいですもんね!

しんさんの理念とビジョン

最後の質問になります。今後はどう動いていく予定ですか?

自分がわくわくすることをして、それが周りの人に「わくわく」や「感動」として伝播していくような挑戦をし続けていきたいですね。

経済学を大学のころからずっと勉強しているので、将来的には大学の先生をしながら、自分でブログを書いて、面白い人とコラボして講演会とかしながら、応援してくれる人を増やしつつ、プライベートエクイティファンドを作るっていう。

聞いているだけでワクワクする未来ですね!応援しています!

こちらこそ、応援しています!

では、今回のインタビューは以上になります!ありがとうございました!

ありがとうございました!

VALUが新たなつながりをもたらしてくれた

VALUを使えば、つながることはなかったであろう人と接点を持つことができる。しかも、お金を出してまで応援したいと思ってもらえている、もしくは思っている人なので、きっとその出会いはステキなものになるに違いない。

しんさんのVALUはこちら

https://valu.is/sin19880120

だいちのVALUはこちら
https://valu.is/spountant

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :