仕事が舞い込む秘訣は「自分ブランドを確立すること」

仕事が舞い込む秘訣は「自分ブランドを確立すること」

どうも、だいち(@spountant)です。

ブログ起業を達成するために必要な要素の一つに、「自分ブランドを確立する」というものをかかげた。

自分ブランドを確立する要素は以下のとおり。

  • 一点突破で発信をつづける
  • なにができるかを発信する
  • 実績を積む
  • ドキュメンタリーを発信する

スポンサードリンク

「自分ブランド」とはなにか?

ここでいう「自分ブランド」とは、自分という肩書きに強みや特徴がひもづいていることを指す。

社長、営業部長という肩書きと同等の「だいち」という肩書きだ。彼はどんなことが強みで、どういうことを頼めるのか。それが周囲に対して明瞭になっていくことで、自分ブランドが確立されていく。

 

なぜ「自分ブランド」が大切なのか?

周りの「自分ブランド」を確立している人を見ると、その人に特定の仕事が舞いこんで来ているのがわかる。

たとえば、会計のことで悩んでいる人が目の前にいたとする。自分は会計のことはさっぱり分からない。でも目の前の人は困っている。

そういうときに「そういえば彼は会計に明るかったな」「会計のことは彼に聞けばなんとかなるはず」と思ってもらえれば、あなたは会計に明るい彼を紹介すると思う。

彼は「会計に強い」というブランドを築いていたので紹介をもらえた。仕事が舞いこんできたのだ。

 

自分ブランドを確立するのに必要な要素を並べてみた。

  • 一点突破で発信をつづける
  • なにができるかを発信する
  • 実績を積む
  • ドキュメンタリーを発信する

一点突破で発信をつづける

一つのジャンルに絞って発信するとブランドを確立しやすい。

たとえば、栄養、睡眠、脳、資産運用、ブログ、、と興味が幅広いと、その分いろんなことを発信してしまいがちだ。
まずは絞って発信していく。「○○のことならこの人に聞こう」と思ってもらうためには、一つずつ攻略していく必要がある。

そうして、仕事をもらえるようになったら、次の専門分野に移行していく。

 

なにができるかを発信する

「○○のことならこの人に聞こう」と思ってもらうためには、相手に自分のできることを認識してもらう必要がある。
実際ぼくがやっていることは、”できることリスト”を作成して、そのリストを定期的にツイートすること。

  • トータルコーディネーターやってます
  • 筋トレダイエット指導やってます
  • イベント裏側代行やってます
  • メルマガ作成代行やってます

ブログのプロフィールページにも”できることリスト”を載せてある。できるだけ幅広く認知してもらえれば、少しずつ自分という名刺で仕事が生まれてくる。

 

実績を積む

実績があればそれが信用につながる。一定レベル以上の成果物を保証するものが実績だといえる。
「この人に仕事を頼んでみよう」「この人なら任せられるかも」と信用してもらえるのは、実績を見てくれたからだったりする。

 

ドキュメンタリーを発信する

自分と同じことをやっている人なんてごまんといるし、自分より高いレベルで同じことをこなしてる人も、そりゃたくさんいる。

だからこそ、自身のドキュメンタリーを発信する必要がある。「あなただから頼みたい」と思われるような人間味を表現する。つらかったこと、失敗したこと、逃げだしてしまったこと。

なんでも表現していい。むしろ表現した方がいい。ちょっとくらい恥ずかしくなるだけだ。人間味をさらけ出している人は信頼がおけるというのは、みなが経験済みのことだと思う。

 

自分ブランドを確立する方法まとめ

  • 一点突破で発信をつづける
  • なにができるかを発信する
  • 実績を積む
  • ドキュメンタリーを発信する

結局、AIが発達したとしても、人間は無意識のうちに人間味を求めるものだと思う。だからこそ、AIにはない、人間にしかない価値を表現し、「自分ブランド」を確立していこうと思う。

 

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)