【初めてのおしごと】仕事をもらうまでの過程

【初めてのおしごと】仕事をもらうまでの過程

ぼくがブログ以外で初めてお金をもらった仕事。自分の肩書きで「だいちくんだから」とお願いしてもらった仕事。その仕事をもらえるまでの過程の詳細を記していこうと思う。

スポンサードリンク

だれに仕事をもらったの?

初めてお仕事をもらったのは、うさぼうさん(@usabo)から。ライフエンジンというオンラインコミュニティで知り合って、ぼくが何かするたびに応援してくれる。

ウェルスダイナミクスという自己を知る診断でも、同じタイプだったので元々相性がよかったというのもあるかもしれない。ともかく、初めましてはリアルの場ではなく、オンライン上でだった。

関連記事:【WD】ウェルスダイナミクス概要をやさしく解説

 

どういう流れだったの?

という感じでtwitter上で仕事が生まれた。

 

なぜ仕事をもらえたの?

そもそもなぜ仕事がもらえたのか。その理由は大きく分けて2つある。

・自分の提供できる価値と、相手のニーズが一致したから
・信頼関係があったから

うさぼうさんの困りごとと、ぼくが解決できることが一致していた。仕事が成り立つ大前提として、「相手に価値を提供できるか」どうかということがある。価値は「ニーズを満たすことのできる手段」だ。ぼくがうさぼうさんのニーズを満たす手段を持っていたので仕事をもらえた。

そして、何よりも大きいのが信頼関係を築けていたことだ。信頼関係がなければ仕事にはなっていなかった。

ぼくよりも高いレベルで、うさぼうさんに価値を提供できる人は、探せばいくらでもいる。それでも、ぼくに仕事をくれたのは信頼関係があったからこそだ。

 

信頼関係を築けていることのメリットは以下のとおり。

・コミュニケーションコストがない
・相手の背景を知っている
・相手の特性を知っている

このように、予備知識の段階で、赤の他人より大きなアドバンテージがある。そして、ぶっちゃけた話までしてもらいやすいので、相手の本当のニーズを聞くことができる。だからこそ、最善の提案をすることができる。

 

なにを提供するの?

ぼくが提供するのは、ぼくの持てる知識すべてだ。今回のお仕事は「うさぼうさんのトータルコーディネーターになる」というものだ。その人の生活のすべての相談に乗るという役割なのだが、この仕事こそ信頼関係がなければ成り立たない。

具体的には、

・所得税の計算
・長期投資の相談
・筋トレのメニュー作成
・ダイエットの栄養摂取指導
・ブログ二人三脚
・ミニ事業の構築相談

など、ぼくが持てる知識を提供して、その人の生活に寄り添う仕事だ。

 

どうやって提供したの?

zoomというビデオチャットツールを使い、まずは解決したいことを聞く。その場で答えられることはぜんぶ答え、答えが出せないとき、作業が必要なときは一旦持ち帰って、後ほど正確なことを答える。スプレッドシートを使って項目ごとに回答したり、数値で回答したり。

 

いくらで?

今回は2,000円でお仕事をもらった。今後、パッケージ化していく際は明朗に内訳を表示できたらなと思う。そして、金額のことをうさぼうさんに相談したらぼくにはなかった視点をもらえた。

ぼく、トータルコーディネーター業を本格化するなら、月額で費用頂こうと思っているんですけども。

うんうん。

都度もらう形だと、ぼくに相談するたびにお金かかるみたいに思われちゃいそうで気が引けちゃうんですよね。。うさぼうさん、そう感じてないですか?

うーん。ぼくの場合は月額でお金を払うのは気が引けちゃうときがあるかな。

なるほど。。ぼくも支払う側ならそうかもしれません。

それもあるけど、どっちかというと、自分がコミットしたいときにしっかりお金を投資したいんだよね。

あー!自分に余裕があるときとか、やるぞ!ってなってるときに集中的に自分に投資するみたいな感じですかね?

うんうん、そんな感じ。

じゃあ、いくつかのパッケージつくった方がいいかもしれないなぁ。。

一回つくってみてもいいかもね!

ぼくがアドバイスを受けてしまった。ありがとうございます。

 

うさぼうさん(仕事をくれた人)の声

 

合わせて読みたい:ブログ起業物語

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)