初めて事業責任者になって起きた変化

初めて事業責任者になって起きた変化

どうも、だいち(@spountant)です。

最近、弊社jMatsuzaki株式会社で役割配置の大きな変更を行った。

結論からいうと、自分がひとつの事業の責任者を務めることになったのだ。

具体的な内容は、オンラインコミュニティ「ライフエンジン」の運営を4人から自分ひとりに変更するというもの。

ここでちょっと昔話をさせてほしい。

現弊社メンバーに初めて出会ったのは、ちょうど4年前だった。

3年前はまだ他の会社に勤めていて、現弊社メンバーに「辞めたいから仕事ください」と言っていた時期。「言ってみた」当時のことは以下の記事に残している。

関連記事:人生が変わったのは「言ってみた」からだった。

2年前は会社を辞めて独立していたけど、お金が苦しかった。当時も現弊社メンバーに助けてもらっていたのを思い出す。

関連記事:新卒を意気揚々と捨てて独立したけどお金なくてけっこう苦しい

1年前、jMatsuzaki株式会社に入社。

関連記事:jMatsuzaki株式会社に入社することになりました

そして今、事業のひとつを任されようとしている。

感慨深い……

現弊社メンバーに初めて出会ったのは4年前で、こんなことが起ころうとはまったく予想もできなかった。

と、感傷に浸るのはここまでにする。

ここからは実際に事業責任者を任されたことによって、自分のなかで3つの大きな変化が起きたので、それを書き記していきたい。

 

事業責任者になって明確に変わった3つのこと

自分が事業責任者になったことで、自分に生じた変化は以下の3つだ。

起きた変化

  • 該当事業の推進力が増した
  • 断つ意思決定ができるようになった
  • 成長目的が生まれた

 

該当事業の推進力が増した

一つ目の変化は、該当事業オンラインコミュニティ「ライフエンジン」の推進力が増したこと。

これは逆説的かもしれないが、人数が減ったことによって、明確に推進力が増したと感じる。

理由は責任感にあるのではないかと思う。

これまでは4人で事業を運営しており、良い面は”正しい”判断がしやすいことだった。一方悪い面は責任の所在が不明確になったり、意思決定の”早さ”が落ちたりすることだ。

それをひとり体制にシフトしたことで、責任の所在が明確になり、意思決定の”早さ”が増した。

多少、意思決定の”正しさ”を犠牲にしてしまっているかもしれないが、それはPDCAサイクルの早さによってカバーしていけばいい。

ひとりになったことで、事業の推進力が増すという、思いもよらぬ変化だった。

※ちなみに意思決定には「正しさ」「早さ」「納得感」の3つの要素がある。詳しくは以下の記事を読んでみてほしい。

関連記事:意思決定のROIという考え方

 

断つ意思決定ができるようになった

2つ目の変化は、断つ意思決定ができるようになったことだ。

これまでは4人で運営していたからこそ、その分キャパが広く、イレギュラーなことにも対応できていた。

しかしひとりになっても、同じようにすべてのイレギュラーケースに対応していては、力を入れるべきポイントに注ぐ”絶対時間”がなくなってしまう。

これまでは受け入れられたことも、ひとりになったからこそ受け入れてはいけなくなる。

「受け入れられなくなる」のではなく、「受け入れてはいけない」のだ。

そういう“断つ意思決定”をする覚悟が生まれた。

 

成長目的が生まれた

3つ目の変化は、自分のなかで明確な成長目的ができたことだ。

具体的には「以下の時間を増やそう」という意欲が大幅にアップした。

最近意欲がすごいこと

  • 筋トレ
  • インプット
  • アウトプット

総じて「不安を払拭したい」という動機から行っているものだ。

筋トレをすると物理的に強くなれるし、インプットをすると知性的に強くなれる。

そしてアウトプットすることで、説明を求められたときに対応できるようになる。(一度アウトプットしておくと、その後の言語化が非常にラクになることを狙っている)

勝手な決めつけで大変恐縮だが、世の経営者が筋トレを好むのは、「不安を払拭したい」という思いが少なからずあるんじゃないかなぁと思った。

事業責任者になったことで、「不安を払拭する」という目的のもと、成長がすごくはかどった。

 

これからも新しい役割を引き受けて続けたい

  • 該当事業の推進力が増した
  • 断つ意思決定ができるようになった
  • 成長目的が生まれた


事業責任者という新しい役割を引き受けたことで、マネジメントや意思決定に関するインプットがはかどっている。

カラーバス効果にも似ているかもしれないが、役割は人を形成してくれるものだ。

役割が人をつくる」という動画もあるので、時間ができたときにでも聴いてみてほしい。

そして今、成長の実感があってすごく気持ちいい。

思えば過去に新しい役割を引き受けたときは、どのときも成長カーブが急激に立ち上がっていた。

だからこそ、これからも新しい役割は引き受け続けたいなと思う。

(そしてこの男が3年後、世間を驚かすスーパー事業家になっていることは、誰も知るよしはないのであった……)

 

関連記事:ライフエンジンの運営がjMatsuzaki、F太からだいちへ移行します!

URL :
TRACKBACK URL :

Warning: getimagesize(/home/spountant/wonderland02.com/public_html/wp-content/themes/dp-escena/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/spountant/wonderland02.com/public_html/wp-content/themes/dp-escena/functions.php on line 932