ブログとYouTubeの違い。おすすめの使い分け方

ブログとYouTubeの違い。おすすめの使い分け方

どうも、だいちです。

これからYouTubeにも参入したいんだけど、ブログと同じ方針でいいのかな……?

自分は2016年にブログを始め、現在月に5万円ほど稼いでいる。

関連記事:雑記ブログでアフィリエイト収入月5万円稼ぐまで【ワードプレスを収益化するコツ】

そして2020年1月から会社でYouTubeに本格参入した(自分は編集長)。今では毎日更新をして視聴者の反応を測っている最中だ。

この両方を実際に運営していると、ブログとYouTubeの差がよく分かる。

ブログとYouTubeだと以下の点が大きく異なる。

  • 向いている投稿
  • アクセスを伸ばしていく方法

このページでは、ブログとYouTubeのそれぞれのアルゴリズム的な特徴と、おすすめの使い分け方について解説していく。

 

ブログの特徴

ブログとYouTubeを対比すると分かりやすいので、まずはブログの特徴から紹介する。

ブログの特徴は以下のとおり。

  • 検索がメイン
  • 読者が能動的

ご存じのとおり、ブログは検索流入がメインのアクセス源だ。

検索がメインということは、読者がそこそこ能動的ということでもある。

検索は自分から検索キーワードを入力して、その情報を積極的に読者が取りに行かなければならないからだ。

これは「YouTubeと比較すると」という意味なので、以下のYouTubeの特徴を見れば納得すると思う。

 

YouTubeの特徴

続いて、YouTubeの特徴は以下のとおり。

  • レコメンドメイン
  • 読者が受動的
  • 情報量が多い

ブログと大きく異なるのは、YouTubeは「レコメンド」がメインだということだ。

レコメンドは「自分だけのおすすめを表示してくれる」ような機能。たとえばYouTubeを視聴するとき、次から次へと動画を見てしまった経験をしたことはないだろうか。

これはYouTubeが自分の視聴履歴にもとづいて、おすすめの動画をピックアップしてくれているからだ。

YouTubeはこの「レコメンド機能」が優秀で、YouTubeのアクセスのほとんどは「関連動画」や「ホーム画面でのおすすめ」になる。

そしてレコメンドがメインになるので、視聴者は受動的だ。

自ら積極的に情報を取りに行くのではなく、おすすめされたものをなんとなく見る、という視聴の方法である。

これは検索して情報を自分から取りに行くブログとは、正反対のアクセス方法となる。

また文字メインのブログと比べて、動画は圧倒的に情報量が多くなるのも大きな特徴だ。

 

おすすめのコンテンツ・使い分け方

ブログ・YouTubeのそれぞれの特徴を知ったところで、両者のおすすめの使い分け方を紹介していく。

 

ブログでおすすめのコンテンツ

ブログでおすすめなコンテンツは以下のとおり。

  • 上級者向けの内容

ブログは上級者向けの”専門的な内容”を紹介するときには、まだまだ効果を発揮するだろう。

というのも、YouTube上では難しいコンテンツは見られにくく、YouTube上での検索も一般的でないからだ。

なので専門的な内容は、Google上で検索されることがほとんど。

たとえばプロジェクトマネジメントの知識や、会計の仕分けなど、確実に需要はあるが需要のボリュームが少ないロングテールのようなキーワードは、ブログで扱うほうが良いだろう。

 

YouTubeでおすすめのコンテンツ

一方YouTubeでおすすめのコンテンツは以下のとおり。

  • 初心者向けの内容
  • 動きがあったほうが良いもの
  • 大勢に需要がありそうなノウハウ

YouTubeでは初心者向けの”目線が低いコンテンツ”がよく再生される。

先ほども説明したが、YouTubeでは上級者向けコンテンツが再生されにくい。

なぜなら視聴者が受動的だからだ。

これまでYouTubeを運営してきて得られたデータによると、受動的な人はなかなか難しいコンテンツを再生しようとは思わないらしい。

そして再生回数が少ないと、当然YouTubeアルゴリズム的にも優遇されなくなる。

なので基本的には初心者向けのコンテンツがおすすめだ(YouTube上でアルゴリズムに乗る必要がない場合は上級者向けコンテンツもあり)。

あとは動きがあったほうが良いもの、たとえば以下のようなものはYouTubeとの相性が良い。

  • 犬や猫の動画
  • 飲食店のレビュー
  • 音楽
  • ダンス

ビジネス系ノウハウも、ブログよりYouTubeのほうが良いだろう。

理由は以下の3つだ。

  • 動画のほうが圧倒的に伝わりやすい
  • 視聴者と接触回数を増やせるので、ファンになってもらえる確率がより高くなる
  • 時代背景的に、今後YouTubeの視聴者が増える(市場が伸びている)

ビジネス系の発信をするのであれば、ブログよりもYouTubeのほうがメリットが多いと思う。

 

ブログとYouTubeの違いまとめ

これまでの内容をまとめると以下のとおり。

  • ブログ :検索メインで、読者は能動的
  • YouTube:レコメンドメインで、視聴者は受動的

これからブログかYouTubeどちらに力を入れるかで悩んだとき、個人的には「絶対ブログ!」という感じでなければYouTubeをおすすめしたい。