ティール組織の全体性(ホールネス)とは?身につけるメリットと方法を紹介

ティール組織の全体性(ホールネス)とは?身につけるメリットと方法を紹介

どうも、ティール組織を実践している組織に所属しているだいち(@spountant)です。

フレデリック・ラルー著の「ティール組織」は、マネジメントが不要な次世代型の組織構造について説明された本だ。

そのティール組織を実現するための要素の一つに「全体性(ホールネス)」がある。

ティール組織に近づくべく、このページではホールネスとは何か、またホールネスのメリットやその身につけ方について紹介していく。

 

全体性(ホールネス)とは、精神的な分離を克服した状態

ホールネスとは、一言でいえば「精神的な分離を克服した状態」だ。

精神的に分離した状態とは、「あなた」と「私」は違うという認識や、もしくは職場で仕事用の仮面を被って過ごし、家に帰るとその仮面を外すといったような自分のなかでの分離を指す。

そのような分離を克服し、ホールネスを得られると、私たちは互いに深く結びついた、自然とあらゆる生命体を含む大きな「全体」の一部だと認識するようになる。

その結果、だれもが本質的に等しく価値のある存在だと信じられたり、偽りの自分を演じずにありのままの自分で職場に出かけられたりするだろう。

このような精神状態を「ティール組織」ではホールネスと呼ぶ。

 

全体性(ホールネス)を得るメリットは「人間味」にある

ホールネスを得ると、人間味が呼び起こされる。

「自然体の自分」と「仮面を被った自分」との分離を克服すると、いつでもありのままの自分でいられるようになるので、より魂の声に耳を傾けられるようになるだろう。

さらに「相手」も「自分」も全体の一部なので、相手を騙すことに意味がなくなる。

結果として、お互いに心をくつろがせ、真の意味で安心できる関係ができあがっていく。

このようにホールネスを得ると、人間味が呼び起こされるので、人生が豊かで生き生きとしたものに色づいていくだろう。

 

サウンズ・トゥルー社による全体性(ホールネス)の事例

ここでティール組織の一例として挙げられた「サウンズ・トゥルー社」のホールネスの事例を見てみよう。

サウンズ・トゥルー社の創設者でCEOのタミ・サイモンは、創業した頃には自分の犬を事務所に連れてきていた。(中略)今日、同社では二~三匹の犬が人々の足元に寝転がっている会議室でミーティングが開かれることは珍しくない(現在同社には従業員九〇名と二〇匹の犬がいる)。

ティール組織 p.243

このように犬が職場にいる珍しい職場だが、その効果は目に見張るものがあるという。

動物たちは人間の心をくつろがせ、人間の良い面を引き出してくれる。

犬をかわいがるだけで、心がなごみ、落ち着かなかった気持ちが静まることもあるだろう。

犬をかわいがる行為のように、ほんの一部でも本来の自分自身の姿で職場にいると、愛情が深く思いやりがあるという面を誰にも見せずにいるのはむずかしい。

犬と接しているときにまで仕事の仮面を被るのはむずかしく、人間味のある、ありのままの自分が引き出される。

 

全体性(ホールネス)を得るための方法は物語ること

サウンズ・トゥルー社のようにホールネスを得て、真の意味で安心できる環境を実現したい場合は、同社と同じように動物や子どもを職場に連れてきてもいいだろう。

その他にホールネスを得るための方法として、「物語ること」が挙げられる。

ほかの人の人生の旅について知れば知るほど、その人を疑いの目で見たり、嫌いになったりする可能性は少なくなる。「関係への信頼」を築くにはどうしたらよいか?お互いをもっとよく知ることだ。

ティール組織 p.267

自分自身の過去の物語をさらけ出して相手と関わり合うと、相手とのあいだに少なからず「信頼」が生まれる。

信頼が生まれると相手を疑うこともなくなり、より自分らしさをさらけ出せるようになるだろう。

相手との信頼によって、自分も偽りの仮面を被る必要がなくなり、ありのままの、ホールネスな自分で職場に出かけることができるようになる。

 

周りとのつながりを信じてみる

ホールネスは物質的でない、精神的な世界の話だ。

物質的なレンズで物事をとらえると、「周りが自分の一部である」という主張に馴染むことはできないだろう。

もしかしたら自分のなかに分離があることにすら気付かないかもしれない。

だからまずはホールネスがあり得るかもしれないと、その可能性を信じてみることが必要なのだと思う。

我々の物事に対する捉え方次第で、我々の見る世界は変わる。

ティール色のレンズで世界をのぞくと、ホールネスな思いやりのある、人間くさい世界を実現できるかもしれない。

ティール組織の全体像をおさらいしたいときは、以下の記事がおすすめ。

関連記事:ティール組織とは何か。マネジメントが不要な組織の特徴をまとめた

 

URL :
TRACKBACK URL :

Warning: getimagesize(/home/spountant/wonderland02.com/public_html/wp-content/themes/dp-escena/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/spountant/wonderland02.com/public_html/wp-content/themes/dp-escena/functions.php on line 932