フリーランスがうつ病になる原因【我慢しないでください】

フリーランスがうつ病になる原因【我慢しないでください】

どうも、引きこもりフリーランスのだいち(@spountant)です。

フリーランスを経験してみて思うことは、「サラリーマン時代とは悩み方がぜんぜん違うな」ということ。

うつ病は会社員の人がなるものだと思っていたが、フリーランスでもうつにかかる可能性は十分に考えられる。

実際にどのようなケースでうつになってしまうのだろうか。

このページでは、フリーランスがうつ病になる原因を探っていく。

 

スポンサードリンク

フリーランスがうつ病になる3大原因

一般的にうつ病は、人間関係のストレスが原因で発症するケースが多いイメージがあるが、実際のところどうなのか。

フリーランスがうつ病になってしまう原因として、大きく3つのことが考えられる。

  • フリーランスならではの孤独感
  • お金への不安
  • クライアントとの人間関係

1つずつ見ていこう。

 

1.フリーランスならではの孤独感

フリーランスは引きこもっていても仕事ができてしまう。

それゆえ孤独感を感じやすいのも、経験上確かだ。

会社員であればきついことがあったときでも、強制的に人と会う機会があるのでリハビリをしやすいが、フリーランスはそうもいかない。(その分、人間関係で悩みやすいのが会社員の特徴だが)

家族や恋人など、すぐに寄り添ってくれる人がそばにいない場合、きついことがあったときに負の感情に支配されてしまいがちになる。

引きこもりがちなぼくにとって、きついことがあったときの心の支えとなってくれているのはオンラインコミュニティだ。

「ライフエンジン」というコミュニティがあって、そこにはうつ病だった人、ASPの人、ADHDの人など、多様な人が在籍している。

とても温かい場所なので、興味があれば以下の記事をぜひ読んでみてほしい。

関連記事:「ライフエンジン」というオンラインコミュニティがいかにステキかを熱く語る

 

2.お金への不安

固定給が保証されていないフリーランスにとって、お金への不安は切っても切れないものだろう。

売上が落ちてしまったときの焦りには、切迫したものがある。

ずっと「お金への不安」というストレスにさらされ続けていたら、気を病んでしまうこともふつうに考えられる話だ。

お金への不安は極力最小限にするために一番おすすめなのは、固定費を下げること。

生きていく費用を抑えられれば、稼がなければならないお金も減るので、お金の不安も少しは和らぐだろう。

追加でお金を稼いでいくなら、自分の経験を発信できる「ブログ」をおすすめしている。

ぼくのブログ運営の成功と失敗をすべてまとめた記事を以下においておく。

関連記事:【徹底解説】はてなブログ初心者がアフィリエイト収入1万円を稼ぐまでの方法【副業で収益化】

 

3.クライアントとの人間関係

このクライアントすごく嫌なんだけど、とはいえ切ったら仕事がなくなってしまう……

お金への不安から、クライアントとの人間関係を清算できないこともあるだろう。

フリーランスのメリットは、仕事内容も、住む場所も、関わる人も、使う時間も、すべて自分で決められるところにある。

ただいろんなしがらみが原因で、フリーランスだからこその苦しみを抱えることもあるだろう。

個人的におすすめしたいのはクラウドソーシングサービスの「ココナラ」だ。

ココナラの特徴は、お客さんが温かいところ。

これはココナラを実際に使っている人複数人に聞いて、共通していた特徴だった。

ココナラに似たクラウドソーシングサービスをまとめた記事もあるので、興味があれば読んでみてほしい。

関連記事:【徹底比較】「ココナラ」の類似サービスまとめ。似ているサイト6つを比較したよ。

 

スポンサードリンク

フリーランスのうつ病対策として、とりあえず運動しない?

孤独感、お金への不安、クライアントとの人間関係。

きついことはそう簡単にはなくなってくれない。

もしかなりうつ病に近いなと感じているのであれば、すぐにカウンセラーに相談してほしいのだが、それと並行してできることは運動だ。

うつ病の人は、脳の器官である「扁桃体」と「海馬」がやられてしまっている。

その「扁桃体」と「海馬」に直接薬を投入できるのが運動の効果だといえるだろう。

詳しくは以下に解説しているので、興味があればぜひご一読いただきたい。

関連記事:【鬱の運動療法】辛いうつ病に効果的なおすすめの運動まとめ

 

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"