2018 | 自分軸を見つける北海道農業インターン「ネイチャーダイブプログラム」に参加して感じた喜怒哀楽の話

2018 | 自分軸を見つける北海道農業インターン「ネイチャーダイブプログラム」に参加して感じた喜怒哀楽の話

どうも、だいち(@spountant)です。

2週間にわたる北海道農業インターン「ネイチャーダイブプログラム」に、引率者として参加してきた。

関連記事:大学生の夏休みは自己分析インターン「ネイチャーダイブプログラム」がおすすめな理由【2018年版】

このプログラムでは、

  • 自分軸を見つけるため
  • 仕事とは何かを追及するため
  • 農業を体験してみるため
  • 北海道を感じるため
  • 共同生活を経験するため

など、様々な理由をもった学生が、全国各地から北海道帯広市に集まる。

2018/08/23~09/07の約2週間、実際にネイチャーダイブプログラムに参加してきて、喜怒哀楽じゃ収まりきらない感情を感じてきたので、それを備忘録として書き残そうと思う。

 

北海道農業インターン「ネイチャーダイブプログラム」の概要

ネイチャーダイブプログラムは「厳しい大自然の中での自分軸の発見」をコンセプトとしたプログラムだ。

日中は参加者それぞれが農家さんのところへ行き、真剣そのものの仕事を手伝う。

そして帰ってきたら共同生活だ。

ご飯の準備をし、洗濯、掃除と30人分の家事を全員で手分けしてこなす。

夜になったら振り返りミーティングの時間があるので、1日のできたことや、もっとやりたかったことを振り返り、その内面的要因を探っていく。

これを2週間繰り返し、理想と現実のギャップを感じつつ、自分軸を少しずつ強固にしていくのがこのプログラムの狙いだ。

 

ネイチャーダイブプログラムにコーディネーターとして参加した理由

ぼく自身、2年前の大学4年生だったときにこのプログラムに参加した。

関連記事:2週間の北海道農業インターン「ネイチャーダイブプログラム」に参加したら最高の仲間ができたという話。

このとき一緒に参加したメンバーとルームシェアをすることになるほど、メンバーと親密になれた経験がある。

それに固まっていたと思っていた自分軸がさらに強固になったことで、より自分に対して素直になれたのもこのプログラムのおかげだった。

このプログラムに大きな価値を感じていたし、責任者の熱い男である山内さんと一緒に仕事ができるということで、コーディネーターに立候補したわけだ。

 

ネイチャーダイブプログラム初日

先に宿舎で待機していたのだが、朝からずっとソワソワが止まらない。

みんなの顔を見てからは「やらなきゃ」という使命感が沸いてきて、気づけば緊張もどこかに飛んでいった。

28人で合意を取るのはとてもむずかしい。しかもほとんどが初対面。

その中でよく役割分担を決めて、やるべきことに取り組めていたなぁと思う。すごい。

班決めもぼくが担当したが、これで良かったのかな。。?という不安を消すために、みんなの有り様セッションを覗いていた。

繊細な優しさがある人、思ったより物静かな人、リーダー的存在になるだろうなぁという人、みんなの個性が少しずつ見えてくる。

農家さんとのマッチングも初日に発表された。

メンバーの緊張を肌で感じられた瞬間だ。

 

プログラム2日目

農作業の初日。

ただ楽しいだけでなく、メンバーそれぞれがいろんな感情を持ち帰ってきたのが印象的だった。

あいにくの雨だったので、早めに切り上げて帰ってくる人も。

初めての振り返りセッション。

まだ若干のぎこちなさも見られるけど、早くも打ち解けてきているようだった。

 

プログラム3日目

この日は「正解がわかんねぇよ」と苦しんだ日になった。

コーディネーターが行う一瞬一瞬の言動は、すべて見られているんだぁと感じた。

そして求められる基準は、たぶん低くはない。

みんなとの距離感の取り方が分からなかった。

介入の度合いが分からなかった。

そんな感覚に襲われて、自分が無力すぎて、悔しくて部屋で1分だけ思いっきり泣いた。

そして涙目で振り返りセッションに戻った。

でも泣いてスッキリしたのは覚えている。

有り様を貫こうと思えたのもこの日からだった。

 

ぼくの有り様は「私は”自己理解を呼び起こす伴走者”である」というもので、キーワードは「待つ・体現する・柔らかく」の3つだ。

目の前の相手は、自分でどうしたいか考えることができる、やりたいことも見つけることができる、うまくいかないときは修正していく力を持つ。

なので、こちらから「なんとかしなくては!」という姿勢ではなく、本人自らで変わっていける力があることを信じて、待つ。

これがキーワードの1つ目。

そしてぼく自身が自分の感情に素直であること、ありがたいと思ったときには相手に対して感謝を示すこと、間違ったときはきちんと謝罪すること、そういうのをひっくるめて、自らが体現していく。

これがキーワードの2つ目。

キーワードの3つ目の「柔らかく」は、凝り固まった思考ではなく、人によるし、TPOによるという思考の柔軟性を示す意味がある。

あと、みんなに対して柔らかい姿勢でありたいということも表す言葉だ。

 

この日責任者の山内さんからもらったフィードバックは、「難しいよね」という言葉。

「若いころのおれを見ているようだよ~」

「いちばん成長するのはコーディネーターだからね」

コーディネーターとしてじゃなくて、原田大地としてみんなと一緒に成長していきたいなぁと思った。

 

プログラム4日目

だんだんとチーム一丸という言葉が似合う雰囲気になってきた。

コーディネーター部屋にチラホラと話に来てくれる人が増えてきたのもこの日から。

1対1で話すといろいろ気付きがあった。

もっとこうしたいという向上心、どうしたらいいか分からないという苦しみ。

悩みの種類も多種多様だった。

葛藤から逃げずに向き合って、矛盾を抱えつつもより高いステージにいきたいと思った。それもみんなで。

 

プログラム5日目

共同生活の慣れとともに、悩みや葛藤も増えていくみたいだ。

葛藤は人の器を大きくするものだなぁと、目の前で見ていて思った。

 

プログラム6日目

1人ひとりとじっくり喋ってみると、ほんとうに多様な背景がある。

ある人が何か成し遂げたいことについて努力しているなら、不得意な方向に努力しててもいい、悩んでもいい、そこで一緒に悩んであげたい、という思考を持つ人。

植物が大好きで、ヒトと同様の価値が植物にもあると感じている人。

強制されたルールで縛るのではなく、そのルールからはみ出た人にも寛容でありたいと願う人。

個性豊かな28人が共同生活をすると、いろんな科学反応が起きておもしろい。

 

プログラム7日目

この日は休日の前日なので、夜は飲んでいいことになっている。

心置きなくじっくり個々と話せた。

それぞれ求めるもの、目指すものが違う中で、どう全体で折り合いをつけていけばいいのだろうか。

楽しさを求めるもの、休息を求めるもの、平穏を求めるもの、対話を求めるもの。

自分の正解に引っ張りこむのではなく、相手の正解にひれ伏すのでもなく、Win-winになれる終着点を辛抱強く見つけるほかないんだろうなぁと思いながら眠りについた。

 

スポンサードリンク

プログラム8日目(休日)

全体行動ではなく、各々が自由に行動するスタイル。

そしてこの日から新しい班での活動が始まる。

 

プログラム9日目

少しずつ「このままで終わっていいのか…?」という新しい種類の悩みが生まれ始める。

2週間という貴重な期間を費やしたにもかかわらず、「楽しかった」という感情だけでは終わりたくないという焦り。

この日、普段あまり発言しない1人の男が、全体に向けて自分の気持ちを伝えていた。

実は「全体に向けて発言しようか悩んでいるんです」と、事前に相談しに来てくれていたのだ。

手を挙げるかどうかの葛藤をずっと見ていた。勇気を出したんだなぁと思った。

このプログラムに来てから、誰の目から見ても明らかにいちばん成長している男。

人の成長を間近で感じられるのは、こんなに感動するものなのかと。

 

プログラム10日目

顔から相当な疲労感が感じられる。

ミーティングにもあまり深みを感じられなかった。

深みを出したいと思うものもたくさんいて、それでも全体の空気感を変えていくのはむずかしくて。

もっとやれるんじゃないか…」とモヤモヤした人も多かったように思う。

 

プログラム11日目

プログラム初日はうつむいてばかりいたけど、今ではこんなに生き生きとしてて、いい笑顔するようになったなぁと思う男がひとり。

もし変わりたいと望むのなら、いつからでもいくらでも変われることの証明になった。

 

プログラム12日目

プログラムの終わりが見え始め、自分の中でも焦りが出てくる。

もっといいミーティングにできるし、その可能性は十分すぎるほど秘めているし、だからこそ真価を発揮できないまま終わりたくないな、という思いが強くなっていった。

感じたことを感じたままに話せばいい

そう伝えていたけど、真っ先にさらけ出さなきゃいけないのは自分だった。

自分が感じたことを感じたままに伝えられていないのに、自分が体現できていないのに、「さらけ出そうよ」なんて言える立場ではなかったのかもしれない。

「このまま終わってしまうことに焦りがあってね」

「コアな自分軸に触れてから帰ってほしいと思ってる」

そんなことを心の底から思っていたので、そのまんま伝えてみた。

かなり言葉足らずだったに違いない。

それでも感じたことを感じたままに、喋りながら気持ちを言語化していく。

みんなには何かをつかんだ感覚をどうしても持ち帰ってほしかった。

今後も太くつながる関係を築いて帰ってほしかった。

そのまんまの気持ちを吐露することに対し、恐怖心がなかったわけではない。

けっこうビビりながら喋ったけど、それでも思った以上にみんなはちゃんとうなづいてくれて、受け入れてくれた感があって、言ってよかったなぁと思った。

 

プログラム13日目

この日は外食に行く人が多く、12人でのセッションだった。

セッションの目的を振り返り、セッション自体の振り返りの時間も設けてみることに。

人数が少ないからなのか、全体シェアでもスッスッと手が挙がり、意見が活発に交わされていた。

「自分軸を見つける意味はあるのか」

そう問われたが、自分軸なんて活用したい人だけが活用すればいいと思ってる。

個人的には自分軸をアップデートしていくと、圧倒的に生きやすくなるから、一生かけて自分と向き合ったほうがいいと思っているけど、それは個人の考えであって、全員に当てはまる正解ではない。

自分の考えが受け入れられなくても、それでも共存するのが「寛容である」ということなのかもしれないなぁと、そう思った。

 

プログラム14日目

この日は9月5日。プログラムは9月7日で終わってしまうので、この日から全員分のメッセージを考え始めた。

終わりが近づいてきたけど、なぜか実感が湧かない。

早くこの疲れから解放されたいという気持ちと、みんなの歩む姿を見ていたいという気持ち、たしかに両方あった。

 

プログラム15日目

明朝に地震があった。

夜中の3時くらいにスマホの警告で目が覚める。

その後再び眠りについたけど、朝起きたら宿舎が停電していた。

 

最初の試練は朝ごはん。

ガスは使えたので食材を温めることができたのは、不幸中の幸いだ。

農業最終日ということもあり、受け入れ農家さんは大変にもかかわらず、キャンセルなしで全員を受け入れてくれた。

午前11時ころから電波もつながらなくなってしまう。

仕事がまったく進まないし、メンバー間での連絡も取れない。

 

試練の2つ目はライフラインの確保。

どこもかしこも停電で、水や食料などの確保で人が殺到していた。

電気と電波は断たれ、いつ水が断たれるか分からない。

食事、水分、トイレ、風呂。考えられるライフラインに対して、断たれるリスクの大きさを勘案しつつ優先順位をつけて、買い出しに奔走した。

 

試練の3つ目は、30人で過ごす夜だ。

ここまで培ってきたチームワークがすぐに活きた。

食材を使い切るためにも、いつもより豪勢な食事にありつく。

最後の振り返りミーティングは、その場で1人ひとりが2週間を振り返って、思いの丈を暗闇の中に吐き出していった。

 

最後の試練は、怪我。

暗闇で足元が見えない中、階段から大きな音がした。けっこう痛そうな音。

駆け寄ると、おでこの辺りを切って出血して倒れている人を見つけた。

山内さんの奥さんだ。

唯一電波がつながる人がいたので、すぐに救急車を呼ぶことができたのも幸いし、大事には至らなかった。

ひとりだったら電気も電波もない、対処法も分からないで頭が真っ白になっていたことだろう。

でも現場ではコーディネーターという役割のおかげで冷静さを保てたし、メンバーの中に的確に指示できる人がいたので、みんな落ち着いて行動できた。

最後まで試練の連続で、恐怖と安心のはざまを行き来し、寝るときはよく分からない感情だった。

 

プログラム16日目(最終日)

飛行機やバスの関係で、一斉にではなく少しずつ減っていく宿舎の人数。

最後のお別れのときになって、この2週間の中で感じた楽しさや悲しみ、ありがたみが蘇ってくる。

そして宿舎でひとりになったとき、久しぶりに「寂しい」という感覚を思い出した。

また会いたいと思える仲間が増えることは、なんだかとても嬉しい気持ち。

もう一度2週間をやり直したいかと言われたらNoだが、やってよかったかと言われたら間違いなくYesだ。

 

2回目のネイチャーダイブプログラムを完遂した

力不足でめっちゃ悔しい思いもしたし、メンバーの成長を間近で見れて泣くほど感度したし、みんながコーディネーター部屋に来て話したいって言ってくれるのは嬉しかったし、救急車が来たときは怖かったし、みんなが帰っていくときは寂しかった。

喜怒哀楽を超えた、いろんな感情を味わえた。

 

あと、これまで家で引きこもってブログばっか書いてて、視覚からの情報ばかりだったけど、北海道に行って、土の匂いとか、空気の澄んだ冷たさとか、十勝晴れとか、視覚以外の五感が呼び起こされた気がした。

ちょっと人間らしくなれたかなぁと思う。

 

関連動画:北海道地震の中で自分軸を見つけるインターンを完遂した話【むーぶおん!】

 

関連記事:【2016年】2週間の北海道農業インターン「ネイチャーダイブプログラム」に参加したら最高の仲間ができたという話。

 

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"