ブログでまとめ記事を作る方法~既存の記事を活用した「まとめ記事」はSEOに強い~

ブログでまとめ記事を作る方法~既存の記事を活用した「まとめ記事」はSEOに強い~

どうも、フリーランスブロガーのだいち(@spountant)です。

この記事でも紹介したように、1つの記事に関連する内部リンクを集めるのはSEO的に強い効果がありそうだ。

関連記事:内部リンクを構築すればSEOを強化できるので、その効果とやり方を解説

なので最近は同じカテゴリのものを1つの記事に集約する「まとめ記事」を量産している。

このページでは「まとめ記事」の効果と、ぼくが実践しているつくり方についてまとめていこうと思う。

 

スポンサードリンク

似ている記事からの被リンクだとSEO的に強くなる

なぜまとめ記事がいいのかというと、似ている記事の被リンクを集めてこれるからだ。

まとめ記事がAだとするとと、「記事A」と「記事B・記事C・記事D」との内容が似ていれば似ているほどいい。

逆にいうと内容が似つかない内部リンクを貼ったとしても、被リンク的には弱いものになるということだ。

 

内部リンク用記事のつくり方

ぼくはまとめ記事をつくるために、まとめ記事の作成を見越した「内部リンク用記事」を作成することがある。

内部リンク用記事で意識したいのは以下の2点。

  • 1記事1メッセージを意識する
  • 超ニッチなキーワードで検索に引っかかるようにする

1記事1メッセージにする理由は、読者にわかりやすいから。

Google自らが公表しているように、最終的に大事になるのはユーザーにとって優しい記事であるかどうかだ。

また1記事1メッセージにすることで、内部リンク用記事の数を増やすことができる。

これは体感でしかないが、内部リンクの記事が多いほど、そのまとめ記事は検索に強くなるように思う。

 

スポンサードリンク

超ニッチなキーワードを狙う理由は、効率よくseoパワーを集めるため

googleで上位表示されている記事は、seoパワーが強いと判定されているのは言うまでもない。

なので超ニッチなキーワードで上位表示をさせることでコツコツをseoパワーを集め、そのニッチで上位表示させた記事を集めたまとめ記事を書けば、そのまとめ記事は良質な被リンクを集められることになる。

良質な被リンクを集めることができれば、まとめ記事をメジャーなキーワードでも上位表示できるようになってくるはずだ。

 

ここだけの秘密の具体例

はてなブログ アフィリエイト」で上位

関連記事:【徹底解説】はてなブログ初心者がアフィリエイト収入1万円を稼ぐまでの具体的方法~副業で収益化しよう~

脳を鍛えるには運動しかない まとめ」で上位

関連記事:【完全まとめ】脳を鍛えるには運動しかない!の全てをまとめた。

公認会計士 勉強法」で上位

関連記事:公認会計士試験合格者が実際に行った勉強方法全まとめ

まとめ記事のつくり方として参考にしてみてほしい。

 

既存の記事を活用した「まとめ記事」はSEOに強い

  • 内容が似ている記事からの被リンクを集めたまとめ記事は強い
  • 内部リンク用記事は1記事1メッセージで読者にわかりやすく
  • 内部リンク用記事は超ニッチなキーワードで上位表示を目指す

 

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"