フリーランスブロガーが選んだ大容量モバイルバッテリー「cheero Power Plus 3 13400mAh」レビュー~iPhone&Android対応/2ポート/CHE-059-WH~

フリーランスブロガーが選んだ大容量モバイルバッテリー「cheero Power Plus 3 13400mAh」レビュー~iPhone&Android対応/2ポート/CHE-059-WH~

どうも、フリーランスブロガーのだいち(@spountant)です。

いま使っているiPhone6がだいぶ弱ってきて、外出した日の帰りにはバッテリーが10%前後をさまようようになっている。

電源が落ちると、GoogleMap使えないし、LINEもTwitterもSlackも見れなくなるので、モバイルバッテリーに投資する価値は十分にあると判断した。

どのモバイルバッテリーがいいのかよく分からなかったが、いろいろ調べてみた結果、「こういう選び方がいいんだな」という基準がわかったので、このページでは、ぼくがモバイルバッテリーを買うまでの経緯を紹介していこうと思う。

 

結論:「cheero Power Plus 3 13400mAh」という大容量のモバイルバッテリーした

ぼくが選んだのは「cheero Power Plus 3 13400mAh」。

決め手は以下のとおり。

  • 充電式である
  • 10,000mAh以上である
  • 差込口が2つある
  • 2,780円だった

Amazonを見たら6,980円のものが、4,200円(60%)オフになっていたので買ってしまった……この値下げはずっとつづいているような気がするが。

 

モバイルバッテリーの選び方~「cheero Power Plus 3 13400mAh」を選んだ手順~

まずはAmazonで「モバイルバッテリー」と検索。

その中で上記にも挙げた、

  • 充電式であること
  • 10,000mAh以上であること

この2つを軸に、その中でももっともコストパフォーマンスが良さそうなものを選ぶことに。

スマホ1回分を充電するためにひつようなのが5,000mAhとのことなので、余裕をもって何回か充電できる「10,000mAh以上」を基準にした。

そしてスペック面と費用面のバランスがいちばんいいなと感じたのが、「cheero Power Plus 3 13400mAh」だったというわけだ。

13,400mAhの容量があるのでスマホ3回は充電できる。ただ商品説明によると「iPhone7 約4回分」充電できるらしい。

「安ければいい」というわけではなく、少し課金したとしてもいいものが手に入るほうがよかったので、その点この選び方で満足している。

 

スポンサードリンク

「cheero Power Plus 3 13400mAh」を使ってみた感想

どうしても軽いものがいい!」ということであれば違うもののほうがいいかもしれない。

そこそこ重量感がある。ぼくはそこそこの重量感があるほうが嬉しいタイプで、これくらいの重さが好きだ。

もちろん実用的でもあり、夜行バスでも安心してスマホが使えるのは助かる。

 

「cheero Power Plus 3 13400mAh」の評判・口コミ

約1週間の入院で、妻の同僚・友達、そして私への連絡の為にメールを頻繁に使ってましたが
3度のフル充電をしても、まだ余力を感じました
次回は旅のお伴に決定な子になりました「使用携帯はXperiaultraです」

 

「cheero Power Plus 3 13400mAh」といっしょに買ったもの

cheero Power Plus 3 13400mAh」といっしょに充電ケーブルも購入した。

充電の効率はケーブルの質で大きく変わるので、少しいいものがほしいなと思い「AnkerプレミアムライトニングUSBケーブル」を入手。

関連記事:フリーランスブロガーが選んだApple認証の「AnkerプレミアムライトニングUSBケーブル」レビュー

 

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"