1分間の会議振り返り手法「チェックポイント」の効果がすごかった。~実例とともに~

1分間の会議振り返り手法「チェックポイント」の効果がすごかった。~実例とともに~

どうも、プロジェクトマネージャーを経験中のだいち(@spountant)です。

現在「ライフエンジンクエスト」というオンラインコミュニティ新規メンバー用のチュートリアルを作成するプロジェクトが稼働している。

そこで会議のさいごに、1人1分間でできる振り返り手法「チェックポイント」を試してみた。

実際にやってみて「すごく効果が高いなぁ」と感服したので、今回はチェックポイントの効果とそのやり方を紹介していく。

参考図書は「プロジェクトを変える12の知恵」

 

チェックポイントとは会議の終わりに行う「1人1分間のコメント」

チェックポイントとは、ケンブリッジ式の会議振り返り手法だ。

会議のさいごに1人1分程度で何を感じたかをコメントしていく。

具体的には、良かった点、改善点、感想・気づき、その他懸念や問題など。

メンバーの率直な意見が引き出されないまま会議を終らせてしまうと、不安や不信が残ってしまいかねない。

それらを解消するためにも、「実はね…」という形でメンバーの気持ちを引き出すことが重要だ。

チェックポイントはメンバーの気持ちを引き出す役割がある。

 

会議のさいごにチェックポイントを行う効果

会議のさいごにチェックポイントを行う効果は大きく3つある。

  1. 会議の質が向上する
  2. 会議への参加意識が高まる
  3. メンバー間の距離を縮め、何でも言い合える信頼関係を築ける

 

会議の質が向上する

率直なフィードバックをもらうことで、次はどこを気をつければいいか、どういうふうに会議をデザインすればいいかが見えてくる。

回を重ねるたびに改善が繰り返され、会議の質が向上していく。

 

会議への参加意識が高まる

会議のさいしょに、「さいごにチェックポイントやるよ」と伝えることで、参加メンバーは最低一回は発言をすることが約束される。

その機会を与えられることで、会議への当事者意識が高まるという効果だ。

 

メンバー間の距離を縮め、何でも言い合える信頼関係を築ける

人は自分の意見を聞いてもらい、受け入れてもらえると、「もっと話してみようかな」という気になる。

少しずつ自分の思っていることを吐露し、本音を伝えあうことで、徐々に信頼関係が築かれていく。

 

スポンサードリンク

チェックポイントを実際にやってみた感想

実際にプロジェクトの会議があったとき、「事は試しだ」と思い、チェックポイントをやってみた。

すると以下のような結果が得られた。

  • メンバー間の褒め合いが起きた
  • 気付けなかった裏のがんばりが見えた
  • このプロジェクトで何を大事にしているかがわかった
  • このメンバーならやっていけそうだと感じた

「○○さんがしっかり準備してくれたおかげでゴールを達成できた」
「○○さんのあのときの発言がよかった」
「○○さんの配慮がすばらしい」

このように、まずは褒め合いが起きた。

そして「あぁこの人は準備をしっかりやってくれていたんだな」と気付くことができたので、メンバー内に感謝の気持ちが生まれる。

感謝の気持ちが生まれたあと、「自分もこのチームに貢献したいな」という意欲が芽生えたと同時に、「このチームならやっていけそうだ」という確信を得られた。

この信頼関係を築いていくことこそ、多幸感を生むのだなぁと実感している。

 

チェックポイントの効果まとめ

  • 会議の質が向上する
  • 会議への参加意識が高まる
  • メンバー間の距離を縮め、何でも言い合える信頼関係を築ける
  • 褒め合いが起き、感謝が生まれた

1人1分でできるので、毎回の会議のさいごには忘れずに取り入れていきたい。

参考図書は「プロジェクトを変える12の知恵」

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"