エレベーターピッチとは?その効果と実際につくった具体例を紹介。

エレベーターピッチとは?その効果と実際につくった具体例を紹介。

どうも、オンラインコミュニティを運営しているだいち(@spountant)です。

オンラインコミュニティ「ライフエンジン」内では、いくつかのプロジェクトが自然発生的に生まれている。

チーム作りやプロジェクトマネジメントを実践するにあたり、「プロジェクトの目的」をメンバーで練っていく過程は、やはりとても大事だなぁと実感しているところだ。

以前プロジェクトメンバーで「エレベーターピッチ」を練り上げたことがある。

関連記事:エレベーターピッチの作り方。複数人で”目的”を練るときにおすすめな具体的手順

エレベーターピッチとは「エレベーターに搭乗しているときに重要人物に遭遇してしまった!30秒のあいだに自分のプロジェクトの説明をしなければならない!」という状況に陥ったときに語る文言のことだ。

30秒という短い時間しかないので、「このプロジェクトは誰のためのもので、どういう機能があって、差別化できるポイントはどこで、、」というように、重要なポイントだけに絞って説明しなければならない。

今回はエレベーターピッチとは何か、そしてエレベーターピッチをつくる効果を紹介する。

 

スポンサードリンク

エレベーターピッチのテンプレートを紹介

エレベーターピッチとは、例えばこういうものだ。

ライフエンジンクエストとは、ライフエンジンに入ってみたものの最初に何をすればいいか分からない、誰と繋がればいいかわからない人向けのチュートリアルです。

このチュートリアルを遊ぶことで、ライフエンジンの全体像を掴め、ライフエンジンを選んだ仲間しかいない安全圏でのコミュニケーションを通じて、ライフエンジンを自由に楽しむことができるようになります。

そして、次第に「私にはできない」という呪いが解け、「歩き方が分からない」という理由で去っていく仲間がいる現実を変えることができます。

このチュートリアルは、現状の事務的な入会手続きとは違って、物語要素、実績称号要素、カスタマイズ要素を含んだ、ゲーム感覚の心躍る体験が備わっているため、これが実現できるのです。

上記はライフエンジン内で立ち上がったプロジェクトのエレベーターピッチだ。

主に下記のような要素を盛り込んである。

  • 解決したい課題は?
  • 対象者・利用者は?
  • プロダクト名は?
  • サービスのカテゴリは?
  • 重要な利点・アピールポイントは?
  • 現行手段との違いは?
  • 差別化の決定的な特徴は?

これらの要素を踏まえ、先ほどのエレベーターピッチをもう一度見てみよう。

ライフエンジンクエスト(プロダクト名)とは、ライフエンジンに入ってみたものの最初に何をすればいいか分からない、誰と繋がればいいかわからない人向け(解決したい課題, 利用者)のチュートリアル(サービスのカテゴリ)です。

このチュートリアルを遊ぶことで、ライフエンジンの全体像を掴め、ライフエンジンを選んだ仲間しかいない安全圏でのコミュニケーションを通じて、ライフエンジンを自由に楽しむことができるようになります(重要な利点1)。

そして、次第に「私にはできない」という呪いが解け、「歩き方が分からない」という理由で去っていく仲間がいる現実を変えることができます(重要な利点2)。

このチュートリアルは、現状の事務的な入会手続きとは違って(現行手段との違い)、物語要素、実績称号要素、カスタマイズ要素を含んだ、ゲーム感覚の心躍る体験が備わっている(差別化の決定的な特徴)ため、これが実現できるのです。

 

スポンサードリンク

エレベーターピッチを作る効果

アジャイル開発の名著「アジャイルサムライ」によると、エレベーターピッチをつくる効果は大きく3つある。

明快になる

我々がつくるプロダクトはいったい誰のためのものなのか、なぜ作るひつようがあるのか。

エレベーターピッチを練り上げていく過程で、芯を捉えないと答えられないような手ごわい質問に出会う。

そういう手ごわい質問に答えていくことで、自分たちのプロダクト像がくっきりと浮かびあがり、曖昧さが無くなる。

 

チームの意識を顧客に向けさせる

プロダクトは誰のためのもので、プロダクトを通じて提供する価値は何なのか。

ここに意識を向けることにより、チームの意識が内側でなく外側に向かうきっかけとなる。

 

核心を捉える

エレベーターピッチの手ごわい質問に答えていくことで、プロダクトが何なのかが明快になった。

そうなればおのずと優先順位をつけられるようになる。

エレベーターピッチを完成させると「ほんとうに重要なことって何だっけ?」という質問にも回答できるはずだ。

大きなYESを持つことで、小さなことにnoといえるようになる。

 

エレベーターピッチの効果まとめ

  • 明快になる
  • チームの意識を顧客に向けさせる
  • 核心を捉える

レーザービームのように数々の面倒ごとをつらむいて、プロジェクトの核心をまっすぐに突き刺す、それがエレベーターピッチだ。

関連記事:エレベーターピッチの作り方。複数人で”目的”を練るときにおすすめな具体的手順

参考図書は「アジャイルサムライ」

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"