内部リンクを構築すればSEOを強化できるので、その効果とやり方を解説

内部リンクを構築すればSEOを強化できるので、その効果とやり方を解説

最近ぼくの中でマイブームなのが、内部リンクをぺたぺた貼っていくこと。

内部リンクを貼ることの効果を調べてみたところ、実際にかなり効果がありそうだった。

なので今回はその内部リンクを貼ることによる効果と、そのやり方について書いていこうと思う。

 

内部リンク構築によるSEOの効果

内部リンクを貼っていくことで、内部リンクを貼られた方の記事は、SEOパワーが高まっていく。

その理由は以下の3つにありそうだと考察している。

  • リンクを集めることによって重要なページだと認識される
  • 直帰率の改善
  • 滞在時間の改善

関連する記事同士をつなげていくことで、内部リンクが張られた記事Aは、Googleに重要なページだと認識される。

また記事Aから記事B,C,Dと読者がブログ内を回遊してくれると、直帰率の改善やブログ全体の滞在時間の増加につながる。

詳細を知りたいのであれば、この記事がわかりやすい。

参考記事:内部リンクとは?内部リンクの最適化と重要性について

 

内部リンクは1つの記事に集中させる

内部リンクの張り巡らせ方として、どれかの記事に被リンクを集中させるとよい。

上記の画像でいうと、記事Aに関連記事をたくさん仕込んでいくイメージだ。

そしてその記事Aの選び方として、サーチコンソールを使って選定するのがおすすめ。

サーチコンソールで読まれる記事にリライトする手順を解説」の記事にサーチコンソールの詳しい使い方について紹介している。

掲載順位を上げたい記事があれば、そこに関連記事を複数仕込んでいく。

関連記事を仕込む際は1記事1メッセージを意識しながら、記事をたんたんとこしらえていこう。

 

スポンサードリンク

内部リンクを貼るときはテキストとブログカードの両方を使う

内部リンクを貼るときのコツは、テキストとブログカードの両方を使うこと。

その方がクリック率が上がり、直帰率改善を見込めるからだ。

上記のサーチコンソールの記事も、その方法で差し込んでいる。

ワードプレスであればブログカードはURLをベタ張りするか、自分でカスタマイズして作るか、プラグインを作るかのどれかだと思う。

ぼくは以下の記事を参考にして、自分でカスタマイズして作った。

参考記事:【wordpress】プラグインなしでおしゃれな内部リンクのブログカードを実装する方法

 

関連記事を内部リンクとして組み込んで記事を強化しよう

  • 内部リンクを貼られた記事はSEOパワーが上がっていく
  • 内部リンクは1つの記事に集中的に貼るのがおすすめ
  • 内部リンクを貼る際はテキストとブログカードの両方を使う

ぼくも実際にやってみてかなり効くSEO対策だったのでおすすめ。

 

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"