新卒で会社を辞める前に「これやっててよかったな」と思うこと3選

新卒で会社を辞める前に「これやっててよかったな」と思うこと3選

新卒で会社を辞めてから、収支が安定するまでいろいろ試行錯誤してきた。

そのなかで「主要成功要因はなにかな」と考えたところ、大きく3つの要素がありそうだと気付いた。

今回はフリーランスとして独立して「やっててよかったな」と思うことを3つ紹介する。

  • 自分の価値観に合うコミュニティ選びができたこと
  • 時間管理ツールを使っていたこと
  • 安定的な収入源を育てていたこと

 

自分の価値観に合うコミュニティ選びができたこと

これは独立前からやってたことだが、自分の価値観に合うオンラインコミュニティに参加できていたことは大きい。

仕事をくれるのは結局「人」だ。

価値観がそこまで合わない人とだったら発生するはずの”価格交渉””コミュニケーションコスト”が、価値観の合う人とであれば圧倒的に少なくなる。

自分を誰かとつなげてくれたり、自分を紹介してもらえたり、自分が応援したくなったり。

価値観が合うというだけで、takeではなくgiveの精神が生まれる。

ぼくは独立前から「ライフエンジン」というオンラインコミュニティに属しているが、仕事の9割はここから生まれている。

そしてライフエンジンには応援したい人もたくさんいるから、多幸感がある。

関連記事:「ライフエンジン」というオンラインコミュニティがいかにステキかを熱く語る

 

時間管理ツールを使ったこと

ぼくはフリーランスになった瞬間から、自分の行動記録を取りつづけている。

使っている時間管理ツールは「TaskChute Cloud」。

自分がふだんどんな行動をしてるかを可視化し自覚することで、初めて自分の行動をチューニングしていくことができる。

TaskChute Cloudを使っていてよかったなぁと感じる点は以下のとおり。

  • 習慣化がスムーズにできる
  • タスクの抜け漏れがなくなる
  • 生活をチューニングし、自分の扱い方を知れる

TaskChute Cloudに登録する

 

スポンサードリンク

安定的な収入源を育てていたこと

安定的な収入源、それはこのブログのことだ。

関連記事:【徹底解説】はてなブログ初心者がアフィリエイト収入1万円を稼ぐまでの具体的ステップ~ブログを収益化しよう~

定期的に出て行く支出ほどこわいものはないが、一方定期的に入ってくる収入ほど心強いものはない。

時間と交換してお金を稼ぐのではなく、労働せずともある程度の収入があれば、ほんとうに自分のやりたいことに時間を投資できる。

会社を辞めた理由が「時間が足りないから」なのに、時間とお金を交換していては意味がない。

ブログを大学4年生の7月から育ててきてよかった。

 

新卒で会社を辞めて「これやっててよかったな」と思うことまとめ

  • 自分の価値観に合うコミュニティ選びができたこと
  • 時間管理ツールを使っていたこと
  • 安定的な収入源を育てていたこと

会社を辞めて思ったのは、「案外生きていけるな」ということ。

 

追記:新卒辞める前にこれもやっておけばよかったと思うこと

今プログラミングの学習を進めているのだが、これは新卒を辞める前から土日を使ってでもやっておけばよかったと後悔している。

TechAcademyというプログラミングスクールでは、1週間無料でWebアプリケーションの基礎を学ぶことができるので、まずはそこでメンターに相談して独学をするなら独学の道筋を立てる人も多いそうだ。

TechAcademyは0円コースを含め、すべてオンラインで完結するので、仕事帰りでも週末でも、いつでもできたはずなので、早めにやっておけばよかったと思う。

まぁ今からでも遅くはないので、これからもがっつりプログラミングを学びつづけ、フリーランスとして生きていくつもりだ。

 

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"