新卒で会社を辞めてよかったこと。~会社辞めるメリットとは~

新卒で会社を辞めてよかったこと。~会社辞めるメリットとは~

新卒で入社した会社を9ヵ月で辞めることなった。

いまは会社を辞めてフリーランスとして活動している。

今回は会社を辞めたことで得られた恩恵について書いていこうと思う。

  • すべての時間を自分でコントロールできる
  • 張り詰めた緊張感から解放され、心に余裕ができる
  • 嫌いな人とムリして付き合わなくてもよくなる

 

スポンサードリンク

すべての時間を自分でコントロールできる

会社に通っていると、就業時間だけで8時間は拘束される。

加えて前後の通勤時間、出かけるための準備の時間、そして残業時間を合わせると、実質半日は会社のために時間を費やしていた。

睡眠時間を加味すると、自分のための自由な時間なんてほとんどない。

 

会社を辞めてからというもの、すべての時間を自分でコントロールできるようになった。

明日のパフォーマンスをさほど気にしなくていいから心置きなく夜ふかしできる。

またいくらでも寝ていいから、たっぷりと睡眠時間を確保できるようになった。いまはSLEEPに書いてある内容を実践中だ。

そして自分が育てたい事業である”ブログ”に思う存分時間を費やせている。

関連記事:【徹底解説】はてなブログ初心者がアフィリエイト収入1万円を稼ぐまでの具体的ステップ~ブログを収益化しよう~

いまは自分の人生を、自分の手で舵を取っている感覚だ。

張り詰めた緊張感から解放され、心に余裕ができている。

 

会社を辞めて家に帰ってきた日、なんともいえない大きな解放感があった。

ムリして早起きしなくていい、恐いクライアントとムリして話さなくていい、ノルマを気にしなくていい。

「くちびるの色が良くなったね」とルームメイトに言われ、やはり張り詰めていたのかと実感した。

会社に務めていた夏にくちびるの色が悪く、会社を辞めた冬のほうがくちびるの色がいいとは。

 

スポンサードリンク

嫌いな人とムリして付き合わなくてもよくなる

会社に勤めていると人間関係を選べない。

会社にイヤな人がいるだけで、人生の8割をごそっと持っていかれるような感覚がある。

そこさえ解消できれば人生もっとラクなのに、と思うことが幾度となくあった。

会社を辞めるメリットは、付き合う人を主体的に選べるという点にもある。

がみがみムダに責めてくるクライアントもいないし、仲間のはずなのに問い詰めてくるやつとかもいない。

 

新卒で会社を辞めてよかったこと、メリットまとめ

  • すべての時間を自分でコントロールできる
  • 張り詰めた緊張感から解放され、心に余裕ができる
  • 嫌いな人とムリして付き合わなくてもよくなる

資本主義のせいでお金がひつようで、お金がひつようだから我慢して会社に向かう。

これは人間のあるべき姿から大きくそれてしまっている気がしてならない。

関連記事:これからの70年を台頭する「価値主義」とは何か。~お金2.0の感想レビュー~

ぼくが会社を辞めたのも、会社という制度に対する疑問がぬぐえなかったからだ。

我慢してまで、人生を削ってまで会社に居続ける意味はあるのかと、いつも疑ってしまう。

 
関連記事:【会社を辞める前に】新卒で会社を辞めてよかったのか後悔はないのかを9ヵ月で辞めたぼくが赤裸々に現状を語る

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"