ウェルスダイナミクスを実践してライフエンジン文化祭を開催したよ。~各プロファイルの動き方~

ウェルスダイナミクスを実践してライフエンジン文化祭を開催したよ。~各プロファイルの動き方~

2018/04/28、オンラインコミュニティ「ライフエンジン」のメンバーが集まって、文化祭が開催された。

関連記事:「ライフエンジン」というオンラインコミュニティがいかにステキかを熱く語る

文化祭のコンセプトは、「自分のサービスでお金をもらってみよう」というもの。

その文化祭運営メンバーとして、6名の有志が結集した。

  • クリエイター
  • サポーター
  • ディールメーカー
  • トレーダー
  • ロード
  • ロード(ぼく)

各プロファイルの強みを最大限に活かしつつ、他のプロファイルの弱みも理解した上で、誰が何をするか。

このチーム編成がとてもうまくいったように思う。

今回はそれぞれのプロファイルの人が、どう動いてくれたのかを紹介していく。

 

スポンサードリンク

クリエイター

クリエイターの強みは0から1を生み出す力があること。

今回クリエイタープロファイルの人は、デザイナーさんでもあったので、まさに0から1を生み出す役割を担ってもらった。

具体的にいうと、文化祭のロゴや配るチラシの作成だ。

 

またデザインを仕上げていくときには、まず中身のコンセプトを固めなければ始まらない。

なぜこの文化祭を開催するのか、どういうコンセプトで、何を得たいのか。

このコンセプトを固めて、全体で共有するという作業によって、メンバー全員が”水の視点”からものごとを捉えられるようになった。

 

水の視点は第5の周波数と呼ばれ、キーワードは感謝や貢献。そして得意な質問はwhy。

なぜ?を共有することで、精神的に統一され、方向性が明確になった。

 

サポーター

サポーターの人は「価値」を「行動」に移させる、火付けの役割を果たしてくれた。

そもそもぼくとディールメーカーの人で、「文化祭できたら楽しそうだね」という話はしていたのだが、実際の行動にまではいたっていなかった。

そこにサポーターの人が現れ、開催日を先に決めてしまうことで、やらざるを得なくなってしまう。まさしく火付け役だ。

 

運営メンバーを増やす際のコミュニティ内での募集もサポーターの人が担った。

なにせ巻き込む力はサポーターの強みだからだ。

継続的に人を褒め、「それいいね!やろうよ!」と価値を行動に移させていく。

文化祭の参加者を募集するときも告知をしてくれ、まさに外向的な行動をみせていた。

 

ディールメーカー

ディールメーカーは、周りからどう見られているかと、周りがどう感じているのかを気にかける。

ゆえにメンバー内外での調整役がぴったりだった。

外向的なブレイズの特性、その場の環境に適応するテンポの特性を活かして、現場での臨機応変な対応をお願いした。

オープニングトーク、ステージでのライブが終わったあとの一言感想、心地よい司会進行は、まさにディールメーカーの強み。

サポーターとディールメーカーの二人で、現場を取り仕切ってもらった。

 

スポンサードリンク

トレーダー

トレーダーは地に足のついたプロファイルだ。

情報収集が得意で、現実的にどう開催すればいいかをシミュレートしながら、必要な情報をすべて洗い出してくれた。

役割が明確だと淡々と作業をこなせるのがトレーダー。今回はtodoと、その期限のチェックの役割だ。

物事を期限通りに終わらせる「プロジェクトマネジメント」の資格を持っていたのもあり、プロジェクトマネージャーとして活躍がめざましかった。

彼は「trello」というツールを使ってプロジェクト管理をしていた。

 

ロード

ロードは詳細に強く、物事のリスクに気がつくのが強み。

トレーダーの集めた情報をもとにリスクを分析してもらい、指摘箇所をつぶしていき、不安要素をなくしていった。

またGoogleフォームによるアンケート作成もお願いした。

詳細まで詰めることができ、裏方に徹するとうまくいきやすいロードだからこその役割だ。

 

ロード(ぼく)

ロードは裏の支配者としての才能もある。

ぼくはウェルスダイナミクスプラクティショナー資格を持っているので、プロファイルを活かすための知識があった。

なので今回は、メンバーの「スキル」や「才能」という情報をもとに、配置を決定する役割を担った。

 

トレーダーが漏れなくひつようなtodoを洗い出し、その上で考えられるリスクをロードの人に出してもらい、そのリスクを解決するのに適任な人へタスクを割り振る。

表向きのリーダーはサポーター、裏のリーダーはロードが適任なことが多い。

 

ライフエンジン文化祭を終えて

今回はウェルスダイナミクスをもとに役割を配置して、運営を進めていった。

おのおのが自分の役割に集中することで、それがチームへの貢献になり、他のメンバーからの感謝が生まれる。

互いの得意不得意をメンバー全員が把握し、その上で自分にできることを精一杯やった結果、うまくいったのではないかと思う。

運営メンバーのみなさま、ほんとうにお疲れ様でした。

関連記事:「ライフエンジン」というオンラインコミュニティがいかにステキかを熱く語る

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"