DigiPressをワードプレスの新テーマに選んだ理由3つ

DigiPressをワードプレスの新テーマに選んだ理由3つ

ワードプレスの一つの醍醐味ともいえるテーマ選び。

数あるテーマがある中で、ぼくは「DigiPress」という有料テーマにした。
※DigipressのESCENAというテーマを使っています。

いろいろ悩むところはあったのだが、DigiPressにした理由は以下のとおり。

  • ウェジェットでのカスタマイズの柔軟性が高い
  • ムダが削ぎ落されたシンプルなデザイン
  • seoの師匠が使っていた

 

 

スポンサードリンク

DigiPressにした理由1:ウェジェットでのカスタマイズの柔軟性が高い

DigiPressを購入する前に、DigiPressをすでに使っている人に管理画面を見せてもらったのだが、ウィジェットからサイトをいじりやすいとのことだった。

実際使ってみても、上の画像のように12種類のオリジナルウィジェットがあり、どこに何を入れればいいのかがわかりやすいので、自分だけのカスタマイズがしやすい。

トップページに固定記事を表示したり、コンテンツ上部におすすめ記事を表示させたりするのも簡単。

 

DigiPressにした理由2:ムダが削ぎ落されたシンプルなデザイン

Digipressはごちゃごちゃしておらず、ポップすぎず、かと言ってカッコつけすぎでもない、いい感じの洗練さを出してくれている。

シンプルだけどダサくないな、と感じた。

 

個人的に気に入っているのが、グローバルメニューの表示。

sns連携もしているし、スマホから見たときのメニューバーが横からスッ…っと音を立てずに出てくる感じが良い。

 

他のテーマとももちろん比較しているのだが、SANGOは少しかわいい感じが出すぎているかな、と。

SANGOの詳細はこちら

 

ストークも検討したが、差別化ができなさそうというか、他のブロガーさんとデザイン的に被りそうで、自分色が出ないだろうな、と思い断念。

ストークの詳細はこちら

DigiPressにした理由3:seoの師匠が使っていた

正直、これが決め手だった。

テーマを探し出すとキリがないので、そしてあまり探す手間もかけたくなかった。

 

信頼しているseoの師匠がDigiPressのESCENAを使っていたので、決断をショートカットするためにこのテーマにしたのが実際のところ。

師匠いわく、デザインの自由度が高いと、seoの対策とかもやりやすいのでこのテーマにしているとのこと。

 

DigiPressにした理由まとめ

  • ウェジェットでのカスタマイズの柔軟性が高い
  • ムダが削ぎ落されたシンプルなデザイン
  • seoの師匠が使っていた

公式サイトによると、ほかにもたくさんの機能があるとのこと。

  • CSSの編集を必要としない配色パターンによる無限のカスタマイズ
  • トップページは指定カテゴリの最新記事や完全オリジナルコンテンツのみを作成することも
  • スクリーンショットや地図表示など実用的なショートコード
  • ヘッダー画像やサイトロゴ画像のトリミング、リサイズ加工

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
*
* (公開されません)