ワードプレスでwpxレンタルサーバーにした3つの理由~xサーバーと比較して~

ワードプレスでwpxレンタルサーバーにした3つの理由~xサーバーと比較して~

はてなブログではカスタマイズに限界があるので、ワードプレスに移行した。

ワードプレスに移行する際、ドメインはそのままで大丈夫なのだが、今までははてなのサーバーを使っていたので、自分で独自のサーバーと契約する必要がある。

だいたいの人がおすすめしているのが「xサーバー」なのだが、ぼくは「wpxレンタルサーバー」を選択した。

運営している会社は同じだが、それぞれに特徴がある。

今回はxサーバーwpxレンタルサーバーの特徴を比較しながら、wpxレンタルサーバーにした理由を書いていこうと思う。

 

スポンサードリンク

xサーバーとwpxレンタルサーバーの値段の比較

xサーバーは月額1,050円から使用できる。

一方、wpxレンタルサーバーも月額1,050円からなので、値段に関しては大きな差はない。

※wpxでは「wpxレンタルサーバー」と、「wpxクラウド」という2種類があり、wpxクラウドだと一つのドメインにしか対応していないが、月額500円ほどで利用できる。ただし、今回はwpxレンタルサーバーの話を中心に進めていく。

 

xサーバーとwpxレンタルサーバーのスペックの比較

xサーバー「多機能・高速・高安定」の三拍子が揃っていると言われている。

一方、wpxレンタルサーバーは、xサーバーよりは多機能ではない。

高速と高安定についても一定のアクセス数までであれば、さほどxサーバーと大差はないようだ。

 

wpxレンタルサーバーの強みは、突発的な高アクセス時、もしくは毎日の高アクセスにも対応できる点。

高アクセス時の閲覧の快適度でいえば、レンタルサーバーに軍配があがる。

 

スポンサードリンク

xサーバーとwpxレンタルサーバーのドメイン運用個数の比較

xサーバーは無制限、wpxレンタルサーバーは10個までのドメインを一つのレンタルサーバーで扱うことができる。

ただ10個以上運用することはないだろうなと思い、ここはあまり加味していない。

 

wpxレンタルサーバーにしかないメリットはメールアドレス

wpxレンタルサーバーと契約すれば、メールアドレスが作成可能だ。

ふつうは「××××@gmail.com」などだが、このアットマーク以下を自由に決められる。

フリーランスとしてやっていくなら一つは持っておいてもいい。

 

xサーバーとwpxレンタルサーバーの比較まとめ

メールアドレスが必要ないならxサーバー、メールアドレスが必要ならwpxレンタルサーバーの方がいいかなと思ったので、後者を選んだ。

あとwpxレンタルサーバーであれば高アクセスに対応できるので、この愛すべきブログをめちゃくちゃ伸ばして、常時高アクセスが来るようにしたい…という願いも込めて。。

 

 

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"