成功事例に学ぶ、クラウドファンディングを成功させるためのコツとテクニック集

成功事例に学ぶ、クラウドファンディングを成功させるためのコツとテクニック集

クラウドファンディングは日々の行動が、信頼が数値化されるにすぎない、ということを以前記事で書いた。

クラウドファンディングは「普段の生き様」がただ数値化されるだけで、テクニックやコツの話は二の次だ

 

じゃあテクニックが必要ないかといったら、そうではない。

普段の信頼、プロジェクトに対する情熱、その上にテクニックを上乗せすることで、最大の効果が得られる。

 

だから、今回はクラウドファンディングを成功させるために、ぼくが意識したテクニックを紹介していく。

スポンサードリンク

目標金額を低めに設定する

まず1つ目は、「目標金額を低めに設定する」というテクニック。

このプロジェクトでは、本当は必要な金額は335,000円だったけど、目標金額を200,000円に設定した。

というのも、目標金額を低めに設定した方が、達成率の伸びが、明らかにわかりやすいからだ。

 

たとえば、5,000円の支援をしてもらったとき、

目標金額を335,000円に設定している場合だと、達成率は1.4%伸びる。

目標金額を200,000円に設定したいる場合だと、達成率は2.5%伸びる。

 

目標金額をあらかじめ低く設定しておくことで、数字が伸びやすくなるので、”支援されてる感”を演出できる。

 

この”支援されてる感”がけっこう大事で、「みんなが応援しているから」という理由で、「自分も応援してみよっかな」という気持ちが誘発される。

 

加えて、達成率ゲージが伸びていると、達成に近づいている感を演出できる。

そうすると、「もうすぐ達成だ!がんばれ!」という、そういう感覚を持ってもらいやすい。

 

不思議と応援したくなるように、見てくれている人をモチベートする。

目標金額を低めに設定して、達成率が伸びていることを可視化できると、人は不思議とモチベートされてしまうようだ。

 

本当に必要な金額は、ストレッチ目標を設定して目指せばいい。

 

お礼をもれなくツイートする

2つ目は、お礼をもれなくツイートするというテクニック。

 

多くの人が支援をしてくれたとき、同時に拡散してくれる。

そのツイートを、引用リツイートでメッセージとともにつぶやく。

 

これは本当にやった方がよくて、しつこいくらいツイートしていい。

Twitterでも、facebookでもいっしょだ。

 

これも一つ目のテクニックと同じで、しつこいくらいお礼のツイートをすることで“支援されてる感”を演出できる。

 

ぼくは1人が支援してくれるごとにお礼のツイートをしていた。

https://twitter.com/spountant/status/958295187448451073

https://twitter.com/spountant/status/958309628860776448

https://twitter.com/spountant/status/958313908741193728

https://twitter.com/spountant/status/958330333191069697

“支援されてる感”を上手に演出できると、「みんな応援してるんだ。じゃあ私も」を誘発しやすい。

 

見ている人を動かすツイートのコツ

2つ目と合わせて使いたいテクニック、ツイートのコツをまとめてみた。

  • 客観的な数字を見せる
  • 必ず「支援者になるならこちら→」と、URLにわかりやすく誘導する
  • 「支援するなら」ではなく、「支援者になるなら」という文言にする

「人は数字に弱い」という説をぼくは採用していて、だからこそ支援総額、支援者数、達成率をツイートに明記する。

客観的に数字が伸びているかどうかで、そのプロジェクトの良し悪しを判断できる。

 

また、「URLを貼っておけばクリックしてくれるだろう」という甘い考えは捨てた方がよくて、できるだけ何も考えずにそのURLを踏んでもらえるようにするために、誘導は必須だ。

「支援者になるならこちら」という文言と、「やじるし」までちゃんとつける。

ここまでしてやっと、クリック率を上げることができる。

 

そして、「支援するなら」という動詞ではなく、「支援者になるなら」という名詞を使う。

名詞の方が所属感が出やすい。

そこにはちゃんと自分がいて、「自分が支援しているんだ」という感覚を生んでくれる。

 

高額のリターンを用意する

3,000円などの額の小さいリターンだけでは、支援者の数が必要になる。

数を集めるのはかなり大変なので、高額のリターンはいくつか用意しておいた方がいい。

 

前もって仲間に相談して、共犯者になってもらう

クラウドファンディングのプロジェクトを立ち上げるとき、前もって仲間に相談した方がいい。

これは、革命のファンファーレを参考にしたわけだが、プロジェクトの制作側に回ってもらい、一緒に達成を手伝ってもらうというもの。

たとえば僕とあなたの2人で何度も何度も議論を重ね、1年間を費やして一生懸命、本を作ったとする。

すると、その本はさ、最低2冊は売れる。僕とあなたが買うから。

2人で作った本が2冊以上売れるのであれば、10万人で作った本は、10万部売れる。

革命のファンファーレ p.174

一緒に達成を目指してくれる仲間を、プロジェクトの立ち上げ段階から集めておく。

 

「いかに応援される環境をデザインするか」がクラウドファンディング成功のコツ

  • 目標金額を低めに設定する
  • お礼をもれなくツイートする
  • 高額のリターンを用意する
  • 前もって仲間に相談する

日々の信頼、プロジェクトに対する情熱、その上にテクニックを上乗せする。

 

いかに応援される環境を自分でつくり出していくか。

その環境づくりが上手く行うことで、クラウドファンディングを成功させやすくなる。

 

成功事例:ウェルスダイナミクスを使って、仲間の才能をひらく支援者になりたい!

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
*
* (公開されません)