【メリット解説】仮想通貨NEM(ネム)に使われている技術を知って投資判断をしよう

【メリット解説】仮想通貨NEM(ネム)に使われている技術を知って投資判断をしよう

こんにちは、ライフエンジン運営のだいちです。

仮想通貨の投資判断にかなり苦戦している……

「みんなが買っているから買う」という安全策もあるし、「この仮想通貨の技術がすごいから買う」という策もある。

ただNEMの技術を知ってから買ったときからは、短期的な価格の値下げに対してあまり動揺しなくなった。

このページではNEMに使われている技術を解説していく。

技術をしっかり知ることで、自分の意思で投資判断ができるようになると思う

 

スポンサードリンク

NEMのハーベスティングとは「手数料を分配してもらえる権利」

ぼくらは一定の条件を満たすと、NEMで「ハーベスティング」という作業を行うことができる。

ハーベスティングは、日本語で”収穫”という意味。

すなわちハーベスティングをすることで、報酬としてNEMをもらえるようになっているのだ。

ビットコインでいう「マイニング」と同じ。

ハーベスティングのイメージ図はこちら。

NEMは世界中のいろんなころで取引されている。

その取引をブロックチェーンに記録してあげることで、世界中の人がNEMの取引の最中に支払ってた手数料を分配してもらえるというわけだ。

ぼく、ブロックチェーンに記録する技術なんて持っていません…

大丈夫だよ!記録は放っておいたら自動で行ってくれるんだ。

え、じゃあ誰でもハーベスティングはできるんですか?

ある一定の条件を満たせばね。ブロックチェーンに記録する権利はPoIスコアによってランダムで決まるよ。

ぴーおーあい…?

 

NEMのPoIとは「重要度の証明」

PoIとはProof of Importance、日本語に直すと「重要度の証明」

簡単にいうと、「NEMに対する重要度が高いユーザーから優先的にハーベスティング報酬を与えていくよ」という仕組みだ。

すなわち、PoIスコアが高い人ほどハーベスィング報酬をもらいやすいといえる。

他の仮想通貨とも比較してみると分かりやすいかもしれないので確認してみよう。

 

ビットコインでは、PoW(Proof of Work)という仕組みが使われている。すなわち「仕事量の証明」

ビットコインを発掘しようと思うと、大量の電力がひつようだ。

そして発掘する仕事をすればするほど報酬をもらえる。

まさに仕事量がものをいう世界である。

 

イーサリアムでは、PoS(Proof of Stake)という仕組みが使われており、これは「保有量の証明」

イーサリアムをたくさん持っていれば持っているほど報酬をもらえる仕組みだ。

どれだけたくさん保有しているかが鍵となる。

 

そしてNEM。先ほど記載したようにPoI(Proof of Importance)という仕組みで、訳すと「重要度の証明」

NEMに対する重要度が高いほど、報酬をもらえるようになっている。

NEMに対する重要度ってどうやって決まるんですか?

NEMの重要度は「保有量」と「取引量」で決まるんだ。
どれだけNEMを持っているか。どれだけNEMを使って取引しているかでスコアが変わってくるよ。

じゃあたくさんNEMを持っていて、たくさん取引していれば、重要度が上がって、ハーベスティング報酬ももらえるってことですよね!

うん、その通り。でもハーベスティング報酬をもらうには条件があるんだ。

  • 10,000単位以上のNEMを保有していること
  • Nano WalletにNEMを入れておくこと

10,000単位も持ってないよ…

それだけ君の重要度は低いってことだね。

先生、率直な物言いがすぎるよぅ…涙

ハーベスティングをする権利は1分に1回、PoIスコアにもとづいてランダムに決定される。

なのでPoIスコアが高い人ほど、その権利をもらえる確率が高まる。

 

NEMはエンジニアにやさしいアプリケーション開発の基盤となる

NEMの一番の特徴といえるのが、エンジニアがアプリケーションを開発しやすいような言語を使っているという点。

「Java」というプログラミング言語が分かれば、アプリの開発はできるといわれている。

「すべての人にブロックチェーンの力を」というビジョンのもと、既存の仕組みの中にブロックチェーンを溶け込ませようとしているのが、NEMという通貨だ。

 

スポンサードリンク

NEMのアポスティーユを利用すれば「その権利をだれが有しているのか」がわかる

NEMではアポスティーユというツールも使われている。

アポスティーユとは、「所有権が移転可能な証明書をブロックチェーン上で発行できる」技術。

イラストや音源、アイデアの権利をだれが所有しているのかをブロックチェーン上に記録できる、というものだ。

ブロックチェーンは改ざんができないし、だれでも中身を見ることができるので、公の場で「このイラストの権利は私のですよー」と証明することができる。

そしてポイントは、”所有権が移転可能”という点。

イラストの所有権をだれかに譲りたければ、それもブロックチェーン上に記録できるので、今だれにどんな権利があるのかを保存しておくことが可能となる。

 

NEMで独自の仮想通貨をつくり出せる

NEMを活用すると、独自の仮想通貨を生み出すことができる。

詳細はこちらの記事で解説した。

関連記事:仮想通貨NEM(ネム)でできること解説まとめ

 

NEMに使われている技術やメリットを知ることで自分の意思で投資判断ができる

NEMに使われている技術をまとめてみた。

  • ハーベスティング
  • PoI(重要度の証明)
  • エンジニアにやさしいアプリケーション開発の基盤
  • アポスティーユという証明書発行サービス
  • 独自の仮想通貨を生み出せる仕組み

以上がNEMに投資するメリットだ。

NEMに投資するのであれば、「Zaif」一択だと思ってる。

というのも、毎月の自動積み立てができるので、手間をかけずにNEMを積み立てていくことができるからだ。

Zaifの公式サイトはこちら

関連記事:Zaif(ザイフ)とは?Zaifの全体像と口座開設方法を解説

 

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"