仮想通貨NEM(ネム)でできること解説まとめ

仮想通貨NEM(ネム)でできること解説まとめ

どうも、ライフエンジン運営のだいちです。

最近になって仮想通貨の勉強を始めたのだが、専門用語ばかりでなかなか理解が追いつかない。

このページで紹介する”NEM(ネム)”は仮想通貨の中でも有名なものなので、しっかり押さえておきたいなと思っていた。

なのでこの記事では「ネムのことはざっくり把握できた!」と思えるように、わかりやすく説明していこうと思う。

 

スポンサードリンク

仮想通貨のNEM?XEM?ネムの特徴をざっくり把握しよう

まずは呼び方の紹介。NEM(ネム)という名前の仮想通貨で、単位はXEM(ゼム)だ。1ゼム、2ゼムと数える。

ではどういう経緯でネムが作られたのか。

もともとはNew Economy Movement(新しい経済活動)の頭文字をとってNEMと名付けられたという説がある。

「NEMを使って新しい経済圏を作っていこうぜ」という開発者の想いが込められていると、個人的に解釈している。

 

ネム(NEM)を使ってできること

ぼくらがネムを使ってできることは、大きく2つある。

  • ネムを土台にして独自の仮想通貨をつくり出せる
  • ネムを使って買い物ができる

 

ネム(NEM)でできること1:独自の仮想通貨をつくり出せる

ネムを使うと、「ネームスペース」というものを取得することができる。

インターネットでいう「ドメイン」と同じで、ほかの人と同じものは取得できない。

上図でいうと、「blue:」「yellow:」「green:」がネームスペースに当たる。

「サーバー=土地、ドメイン=住所」と言われているように、「NEM上のシステム=土地、ネームスペース=住所」というふうに考えることもできそうだ。

そしてこのネームスペース上に独自の通貨を発行することができ、この通貨のことを「モザイク」と呼ぶ。

blueというネームスペース上に、lifeengine(ライフエンジン)という通貨を発行したいのだとすれば、「blue:lifeengine」と名付けて、独自の通貨をつくることができるというわけだ。

最初に決めることは、通貨の発行量だったり、自由に譲渡できるかだったり、手数料もらうかどうかだったり。

実際いろいろな使い道がありそうで、可能性に満ちているように感じる。

 

ネム(NEM)でできること2:nemket(ネムケット)実際に買い物ができる

ネムケット(nemket)なるものがリアルな場、東京の台東区で行われ、そこはネムでしか決済できない空間となっていた。

  • ネムキーホルダー
  • ネムピアス
  • ネムネックレス
  • ネムどら焼き

ネムBarというものもあるらしく、実店舗でもネムを使えるのだとしたら、一気に身近なものになるかもしれない。

 

スポンサードリンク

ネム(NEM)の将来性を勉強したいなら技術を学ぼう

上のチャートは2017年10月から、2018年1月2日現在までのXEM/JPYのチャート。-zaifより

10月は1XEMあたり25円だったのが、12月末には1XEMあたり125円と、2ヵ月で5倍になっている。

今後も伸びるかどうかといえば、個人的には伸びると思う。

ネムの将来性を予見するためには、どのような技術が使われているかをしっかり学ぶ必要がある。

ネムの特徴といえば、

  • ハーベスティング
  • PoI(Proof of Importance)
  • アプリケーションの開発が簡単
  • アポスティーユ
  • ネームスペース/モザイク

詳しくはこちらの記事で紹介している。

関連記事:【メリット解説】仮想通貨NEM(ネム)に使われている技術を知って投資判断をしよう

 

ネム(NEM)を取り扱うならZaifがおすすめな理由

ネムを手に入れるのであれば、Zaif」という仮想通貨取引所がおすすめ。

ほかの取引所でも扱われてはいるが、少し割高になっているとのこと。

またZaifでは毎月の自動積み立てができるので、大きなリスクを取らずにネムを仕込んでいくことができる。

仮想通貨初心者にとって、毎月の自動積み立てはとてもおすすめだ。

Zaifの公式ページはこちら

関連記事:Zaif(ザイフ)とは?Zaifの全体像と口座開設方法を解説

 

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"