【初心者向け】確定拠出年金iDeCoってなに?社会人1年目からはじめる資産運用の勉強

【初心者向け】確定拠出年金iDeCoってなに?社会人1年目からはじめる資産運用の勉強

どうも、だいち(@spountant)です。

社会人1年目から始める資産運用について、勉強したことをここにまとめていこうと思う。

ちまたでよく耳にはするが、実態のよくわからないiDeCo(確定拠出年金)について、このページを読み終えたら理解ができているように、わかりやすく解説していく。

スポンサードリンク

確定拠出年金(iDeCo)ってなに?

確定拠出年金(iDeCo)とは、「個人で積み立てる年金」だ。

毎月一定額をコツコツと積み立てて、60歳以上になったとき「年金」として受け取れる。

毎月積み立てる金額は自分で決められて、業者がそのお金を運用してくれるので、将来受け取る年金は、利回りが上乗せされた金額となる。

 

確定拠出年金(iDeCo)ってぶっちゃけどうなの?

そもそも確定拠出年金をした方はやるべきなのかどうか。

結論から言うと、余剰資金があるならやった方がよくて、余剰資金があまりなければやらないでいいと思っている。

確定拠出年金で今からコツコツ年金を積み立てておくのは、「現在の節税」と「未来への投資」という意味で有効な手段だ。

ただあまり若いうちから老後に投資してしまったら、現在のお金回りが悪くなり、可能性を狭めてしまいかねないという面もある。

 

確定拠出年金のメリット

確定拠出年金のメリットは大きく分けて三つある。

  • 運用益は非課税
  • 拠出額(投資した額)は所得控除される
  • 満期が来たときの年金の受け取りは非課税

 

確定拠出年金にかかる運用益は非課税

確定拠出年金に拠出した(=投資した)お金は、業者が運用してくれる。

たとえば10,000円を拠出して、1年後に12,000円になっていたとしよう。

確定拠出年金で得たこの+2,000円の利益は非課税となる。

※通常、投資によって得た利益に対しては20%の課税(2,000円×20%=400円の課税)がされるが、確定拠出年金では「それを通して出た利益に対しては非課税にする」という措置がとられている。

 

確定拠出年金に拠出したお金は所得控除される

確定拠出年金で拠出したお金は、全額所得控除される。

積み立てをすることで節税にもなるのだ。

 

確定拠出年金の満期が来たときの年金の受け取りは非課税

確定拠出年金の満期は、加入者が60歳になるころだが、そのときに受け取れる金額は非課税となる。

お金を得たら基本的に課税されるのだが、退職金と同じで「老後の資金に課税するのはさすがにひどくないか?」という国の考えにより、非課税とされている。

 

スポンサードリンク

確定拠出年金のデメリット

確定拠出年金はあくまで「年金」なので、原則60歳以降でないと引き出せない。

若いうちのお金を、老後の自分に投資するか、若い自分に再投資するか。

 

ややこしいサラリーマンの確定拠出年金

サラリーマンは厚生年金に入っているのがほとんどだが、その上に確定拠出年金を上乗せすることができる。

確定拠出年金には、「個人型」と「企業型」がある。

サラリーマンは、企業が「企業型確定拠出年金制度」に加入してくれている場合もあり、その場合は勤続3年以上ほどで、企業側が勝手に拠出してくれている。

企業にそのような制度がない場合でも、自分で「個人型確定拠出年金制度」に加入することができ、厚生年金に上乗せされることになる。

サラリーマンが「個人型確定拠出年金制度」に加入した場合、月の掛け金の限度額は23,000円(2017/11月現在)となっている。

 

ちなみにフリーで働いている人が「個人型確定拠出年金制度」に加入した場合は、月の掛け金の限度額は68,000円となっている。

先ほども解説したように、この掛け金は全額、節税の対象となる。

 

確定拠出型年金まとめ

 

確定拠出年金を始めよう

個人型確定拠出年金をiDeCoと呼ぶが、そのiDeCoを扱っている証券会社は多々ある。

その中でも有名なのがSBI証券

SBI証券で口座を開設しておくと、ソーシャルレンディングや投資信託、NISAでも活用できる。

SBI証券の公式ページはこちら

関連記事:小規模企業共済等掛金控除で節税する方法を徹底解説する

 

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"