coincheck(コインチェック)で仮想通貨の口座をすぐに開設する方法

coincheck(コインチェック)で仮想通貨の口座をすぐに開設する方法

Coincheck(コインチェック)とは、「日本一のビットコイン取引高を誇る、仮想通貨を取引する場所のこと。

仮想通貨の取引所で”口座”を開設しさえすれば、だれでも簡単に仮想通貨を手に入れたり、売ったりすることができるようになる。

コインチェックでは、一度は名前を聞いたことのある仮想通貨であれば、ほとんど取引が可能な取引所だ。

他の取引所では扱っていない仮想通貨でも、コインチェックなら取り扱っているということは多い。

初めて仮想通貨の取引を始めてみる人のほとんどは、最初にコインチェックで口座を開く人が多い気がする。

ということで、今回はコインチェックの口座の開設方法をだれでもわかるよう、順番を追って説明していこうと思う。

スポンサードリンク

1.coincheck(コインチェック)でアカウントを作成する(1分)

1.まずはコインチェックのホームページにアクセス。
2.メールアドレスと好きなパスワードを設定。Facebookアカウントを使って登録することもできる。

 

3.設定が完了したら、入力したメールアドレスにコインチェックからメールが届いているはず。

「以下のリンクをクリックしてメールアドレスを確認してください。」とあるので、そのURLをクリック。

これで口座の開設は完了なので、次は本人認証に移る。

 

2.SMSを使って電話番号の認証を行う(1分)

コインチェックの自分のページに入れたら、まずは本人確認を行う。

この本人確認が終了すると、実際にビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を取引することができるようになる。

まずは「本人確認書類を提出する」をクリックし、SMSを使って電話番号の認証を行う。

 

1.自分の電話番号を入力
2.「SMSを受信する」をクリック

3.ショートメッセージの6桁の番号を「認証コード」の部分に入力
4.「認証する」をクリック

 

下図のように「電話番号認証済み」のテキストが表示されれば、電話番号認証が完了の合図。

 

3.本人確認書類の提出(5分)

これが終わったら、次は本人確認書類の提出を行う。

運転免許証やパスポートを用意しておこう。

1.左のサイドバーの一番下の「設定」をクリック
2.「本人確認」をクリック

 

3.必要事項を入力し、本人確認書類の写真をアップロード

 

スポンサードリンク

4.住所確認のためのハガキを受け取る(数日)

本人確認書類の提出が終わり、コインチェック側の確認もおわったら、入力した住所にコインチェックからハガキが届く。

そのハガキの到着をもって、本人確認は完了。

ハガキを受け取ったあとは、コインチェックにログインをして、「日本円の入金」から入金することで、ビットコインなどの仮想通貨を購入したり、売却したりすることができる。

 

5.coincheck(コインチェック)でビットコインを買ってみよう

それでは実際にコインチェックを使って、ビットコイン(もしくは他の仮想通貨)を購入してみよう。

ビットコインを購入する方法は2種類ある。

  • 日本円をコインチェックの口座に入金してビットコインを買う
  • クレジットカードを使ってビットコインを買う

日本円をコインチェックの口座に入金してビットコインを買う方法

  1. 「日本円の入金」をクリック
  2. 銀行振込やコンビニ入金など、入金方法を選ぶ(コンビニ入金は手数料が高いので、銀行振込がおすすめ)
  3. コインチェックの振込口座が表示されるので、「りそな銀行」か「住信SBIネット銀行」の好きな方に振込を行う
  4. コインチェックへの入金が完了したら、早ければ30分ほどで入金の反映がされるので、その後に「コインを購入」をクリック
  5. 実際に仮想通貨を購入する

※コインチェックでも注意書きがあるが、住信SBIネット銀行に振り込む場合は、振込人名義を「ユーザーID あなたのお名前」にしよう

 

クレジットカードを使ってビットコインを買う方法

  1. 「カードで購入」をクリック
  2. クレジットカード情報を入力
  3. 実際に仮想通貨を購入する

 

coincheck(コインチェック)の口座開設は案外簡単だった

以上がコインチェックで口座を開設してから、実際にビットコインなどの仮想通貨を買うまでの流れだ。

今後どんどん時代の変化が早くなっていくので、まずは口座を開設して実際に仮想通貨に触れておくといいかもしれない。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"