ブログの方針がぶれて決まらないときに救ってくれたおすすめの質問集

ブログの方針がぶれて決まらないときに救ってくれたおすすめの質問集

どうも、ブログ歴2年超のだいち(@spountant)です。

2年以上ブログを運営していて、そのなかで何度も何度もブログの運営方針がぶれることがあった。

大事なのはPVや収入なのか?それとも違うものなのか?と迷って書いた記事もある。

関連記事:大事なのはPV?収入?今後のブログの方向性をあらためて考えてみる

 

どういう方向性でブログを育てていこうか……

やっぱり違う戦略のほうがいいんじゃないか……

ある程度ブログの方向性が決まってきたとはいえ、未来永劫この手の悩みが浮上しないとは限らない。

なので迷ったときの指針として、「運営方針を決めていくときに知っておきたいブログの性格」についてと、「ブログの運営方針を決めるために役立つおすすめの質問」をこの記事を残しておこうと思う。

 

何を大切にしたいかを据えてブログを運営する。それだけ

ブログの運営方針を決定するときに大事なのは、「自分が何を大切にしたいか」の声にきちんと耳を傾けること、それだけだ。

  • お金を最優先に得ていきたいのか
  • アウトプットを大事にしたいのか
  • 今感じているありのままの感情を発信したいのか

何を大切にするかで、ブログの運営方針は自動的に決まるだろう。

 

ブログには種類ごとにいろいろな性格がある

ブログをほんとうに大きく分類すると、以下の3つに分ける考え方がある。

  • アフィリエイトブログ
  • 収益化を目指した雑記ブログ
  • 趣味ベースの雑記ブログ

アフィリエイトブログは、たとえば「クレジットカードのよみもの」というサイトのように1つの分野に特化し、かつ収益を得ることを目的としたブログだ。

収益化を目指した雑記ブログは、その名のとおり分野を複数に分け、かつ収益を得ることを目的としたブログ。

そして趣味ベースの雑記ブログは、収益化を目的としない、ほかの目的をもった雑記ブログといえる。

 

もちろん収益化を目指した雑記ブログで趣味のことを発信することもあるが、メインの目的は収益を得ること。

同様に趣味ベースのブログでも収益化はできるが、いちばんの目的は収益ではない。

このように両立はできるが、もっとも大事にしたいものによってブログの運営方針は変わってくる。

 

スポンサードリンク

ブログの方針がぶれたときに自問したいおすすめの質問3つ

ブログの方向性を決めたいときや、ブログの方針がぶれてしまったときにおすすめしたい質問が3つある。

  • 「理想のブログ像は?」
  • 「何を大切にしてブログを運営したい?」
  • 「今できていることは?」

以下でぼく自身の回答を実例として、具体的に確認していこう。

 

「理想のブログ像は?」を考えて、何を書くかの判断基準をつくる

理想のブログ像は?」という質問に答えることで、何を書くか何を書かないかに迷ったときの判断基準となる。

ぼくの例でいうと、この質問に対する回答は以下のとおりだ。

  • 自分自身が読み返したくなるブログ
  • 実用的なドキュメンタリーで信頼関係を構築し、仲間が増えていくようなブログ
  • 身近な仲間に自信をもって見せられるブログ

まずもって自分自身が読み返したくなるようなブログにしていきたい。

そして見えないだれかと信頼関係を構築していけるようなブログがいい。

 

そういう理想のブログ像があるから、ウソは書かないし、思ってもないことを書かないと決められる。

心に素直になって、その素直な思いを乗せたブログ記事だとしたら、きっと自分も読み返したくなるし、読者との信頼関係も構築できるはずだ。

 

具体的に書いていく内容は、日常での気付き、自身の経験で文章化しておきたいもの、調べものをしたまとめ、読書ログなど。

実用的な内容の上に、自身の考えや思いを乗せていくような記事を書いていきたい。

 

そしてドキュメンタリーブログといえば、あの「jMatsuzakiブログ」でも以下のようなことが書かれている。

誰かを説得するためでも、誰かに見つけてもらうためでもなく、日々のかけがえのない一日からより深い発見を得るために、ひたすらに自分のためにブログを書くということでした。

参考記事:7年前にブログを始めるきっかけとなった衝撃体験と1つの発想の転換についてまとめる

届けたい誰かのために、そしてひたすら自分のためにブログを書いていきたい。

 

「何を大切にしてブログを運営したい?」でどういうふうに文章をつむぐかが決まる

何を大切にしてブログを運営したい?」に対する答えによって、ブログをどういうふうに書いていくかが決まる。

「理想のブログ像は?」で何を書くかを決めたので、どのように書いていくかをこの問いによって考えていく。

ぼくの回答は以下のとおり。

  • 自分を表現すること
  • 勇気を与えること

”実用的なドキュメンタリー”を書いていくことは、「理想のブログ像は?」で決めた。

そしてその実用的なドキュメンタリーは、「何を大切にしてブログを運営したい?」の回答、自分の価値観や大切にしていることを表現しながら書いていくことにする。

もしくは自分が行動した様子を等身大で発信しながら、後に続く人にとっての道しるべを残すように書いていきたい。

イメージは背中を見せる感じ。そして気持ちを見せる感じ。

 

「今できていることは?」でムリせず目指す方向へ歩いていく

理想だけ追い求めてしまうと、現実とのギャップに苦しんでしまいかねない。

なので「今できていることは?」という質問で、すでに実行していることを探す。

ぼくの回答は以下のとおり。

  • SEO対策(キーワード選定、リサーチ、悩みの想像)
  • 自分の思いを言語化すること
  • 実用的な知識や経験をまとめること

書き出してみるまでは「理想のブログにはほど遠いな……がんばろう……!」と思っていた。

しかしいざ”できていること”を書き出してみると、「あれ、意外とできてるな」ということに気付く。

 

SEO対策は自分の声を遠くのあの人にまで届ける技術だ。

それを駆使しながら、実用的なドキュメンタリーをひたむきに綴っていきたい。

 

本当に大切にしたいものを据えてブログを運営する

そうえいば以前も同じようなことを考えていた。

まだ出会ったこともない誰かと信頼関係を築けるような「人間味を発信する」記事も、同じくらい重要だ。

短期的に貨幣を稼ぎにいこうとするのではなく、知らない誰かと長期的に絆を築いていく。

この絆は、何事にも換えがたい貴重な資産になる。

関連記事:信頼経済と貨幣経済のはざまに生きていることへの実感

 

ブログの性格を頭に入れながら、紹介した3つの質問に答えていくことで、自分がブログを運営するにあたって本当に大切にしたいものが見えてくる。

あらためてまとめるとブログの性格は大きく以下の3つだ。

  • アフィリエイトブログ
  • 収益化を目指した雑記ブログ
  • 趣味ベースの雑記ブログ

この3つのブログの種類があるが、ぼくが目指すドキュメンタリーブログは3つ目の「趣味ベースの雑記ブログ」に相当するだろう。

趣味ベースの雑記ブログの本質は、収益化を最重要目的としないということ。

ぼくは実用的なドキュメンタリーを書くことにより「読者との信頼関係を築くこと」、「自分で読み返して役に立つこと」、この2つを最重要目的としてブログを運営していきたい。

 

追記:読者との信頼関係を築くことに興味を抱いたときの話

そもそもこの「読者との信頼関係」ということに強い興味を抱いたのは、ある話がきっかけだった。

それはぼくのマインドマップの師匠と、先ほど出てきたjMatsuzakiが出会った話。

 

師匠は「7つの習慣」について調べていて、そしてjMatsuzakiブログにたどり着いた。

ふつうならそこで離脱してしまうのだけど、師匠は「この人おもしろいな」と思ったらしく、そこから少しずつjMatsuzakiのファンになったという。

そして今では、縁あってぼくと師匠はいっしょに仕事をしている。

 

師匠がjMatsuzakiと知り合った話を聞いたとき、ビビッときたのを今でも思い出す。

このツイートの言葉の意味がやっとわかった気がして、ぼくもそれを目指したくなった。

 

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"