ぼくはこの人たちと仕事がしたい。

ライフエンジンにはカッコいい人が多い。

ライフエンジンの人たちとキャンプに行ってきた。

本当にいい時間だった。フリーの世界はこんなにたのしいのかと思った。

でも「フリーうぇーい!」とかじゃなかった。

たのしいというより、喜びに近い感覚だった。

 

ぼくはこの人たちと仕事がしたい。

自分が協力できることがあれば協力して、助けがほしいときは手伝ってもらって。

それぞれが自分の事業をやっている。

一方、1つのことを成し遂げるために、みんなでいっしょになって動くこともある。

 

この人たちと仕事がしたい。

自分たちの事業もしたい。あーだこーだしたい。

成功しても失敗してもいい。

裏切られることはまずないけど、そうなっても別にいい。

そう思えるくらいのやつもいるから、そいつと早くフィットネス事業をやりたい。

 

ただ、そう簡単に会社を辞められないのも事実。別に辞めたいって感じでもないけど。

会社の中にもいっしょに何かしたい人がいて、こんな男になりたいと思わせてくれるような先輩がいる。

自分の精神に沿って生きている人がカッコよく見える。

人に価値を提供して、フリーで生きている人がカッコよく見える。

お金にも時間にも交流関係にも縛られない人生が輝いて見える。

 

そっちの世界に行きたくなる。

ただこれは、片面しか見えていない状態なんだろう。

フリーも会社もどっちも見て、総合的に判断すべきだ。

 

……なんてつまんない考えはやめてやろうと思っている。

やりたいことをやるために、どう動くか。どっちかを選ばなくてもいい。

選びたいならどっちも選べばいい。どっちも選べるような立ち回りをすればいい。

 

といっても、ぼくの思いはすでに固まっていたんだった。

だとしたら、どう自分らの事業で生きていくかだ。

思いに戦略を重ねて、夢を現実的に実現させていく。

思いだけでも、理論だけでも足りない。両方を忘れないように盛り込んで、組み合わせる。

「そんなことできるのかな?」とかじゃない気がする。

できるかできないかじゃなくて、やりたいからやる。

 

ふぅ、すっきりした。

 

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"