「寡婦(寡夫)控除」を全力でわかりやすく解説する

「配偶者と離婚してしまったが、お子さんを育てていかないといけない」、そんな状況下にある人のための所得控除がある。それが、寡婦(寡夫)控除だ。

スポンサードリンク

寡婦(寡夫)控除とは?

f:id:dHarada:20170225000739j:plain

寡婦(寡夫)控除とは、配偶者と死別もしくは離婚していて、かつ養っている家族のいる人が受けられる控除だ。この控除だが、女性と男性で控除を受ける要件が若干異なるので注意が必要だ。

女性の場合

  • 夫と死別もしくは離婚していて、養っている家族がいる(この家族は年間の所得が38万円以下でなければならない)
  • 夫と死別もしくは離婚していて、年間の所得が500万円以下(扶養親族の要件なし)

この「いずれか」に当てはまれば27万円の控除が受けられる。そして、上記の要件を「すべて」満たせば、35万円の控除を受けることができる。

男性の場合

  • 妻と死別もしくは離婚していて、養っている家族がいる(この家族は年間の所得が38万円以下でなければならない)
  • 妻と死別もしくは離婚していて、年間の所得が500万円以下

以上の要件を「すべて」満たせば、27万円の控除を受けることができる。片方だけ満たしていたとしても控除を受けることはできないのだ。若干、男性の方が要件が厳しくなっているぞ。

スポンサードリンク

寡婦(寡夫)控除まとめ

以上が、寡婦(寡夫)控除の内容だ。

確定申告の全体像をざっくりと把握しておきたい方はこちらの記事もどうぞ。

関連記事:【2017年版】これを見れば誰でもわかる!確定申告の全体像まとめ – 副業リテラシー

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"