会計士試験の勉強において、絶対に守るべきものをこれでもかというくらい熱弁する。

ぼくが実際に会計士試験を受験してみて、やっぱり受かるためのコツはある程度決まっているんだなと、ひしひしと感じた。

会計士試験だけでなく、他の試験にも言えることだが、「ただがんばって必死に勉強をすればいい」という単純なものではない。あなたもきっと気付いていると思う。

f:id:dHarada:20161017161343j:plain

がんばり方を工夫しなければ、なかなかライバルには勝てないのがこの試験だ。

試験に勝つためには?

必ず、試験勉強において守るべき“ポイント”というものは存在する。

会計士試験においても、もちろんそうだ。

この試験において、必ず押さえ、常に意識し、実行し続けなければならないこと。

それは、「基礎論点を徹底的に押さえる」ということ。

徹底的に”というのがキー。

基礎論点とは、テキストや基礎の答練で出題されるような内容の論点のこと。

これは、短答式試験においても論文式試験においても必ず必要となる。

短答式試験では、毎年の話だが、超細かい論点がいくつか出題されるはずだ。

そんなもん、答えられるかいっ!」っていうようなやつ。

そのような問題では点数を稼げない、もはや時間の無駄にしかならない。

だから取れるところで点数を稼ごう。

合格ラインを超えるためにも、基礎論点といわれるような問題を確実に得点しておく必要がある。

 

合否の決定要素

ところで、合否はなぜ決まるのか。

そんなもん、答えられるかいっ!」問題では差はつかない。

だったら基礎論点をどれだけおさえられたかで合否が決まるはずだ。

基礎論点の完成度で合否が決まるのだ基礎論点の完成度が高ければ高いほど、合格しやすいのだ

また、短答式試験は絶対評価だが、論文式試験は相対評価となる。

さらに傾斜配点という制度も存在する。

傾斜配点とは、簡単にいうと、みんなができない難しい問題には配点が低く設定され、みんなができる基礎的な易しい問題には、配点が高く設定されるということだ。

「基礎論点はもう仕上がっている」と思い込み、細かい論点ばかりにも手を付けすぎてしまう。

そうして、基礎論点をおろそかにしてしまう。

当然、基礎論点ができないので、結果は望ましいものではない。

そして「勉強が足りない!」 とまた細かい内容を勉強していく。。。

一番最悪のケース。。

考えるだけでも恐ろしい。

が、実際にぼくの周りにも何人かいた。

まずは基礎といわれる論点を完璧にしていこう。

さらに、基礎を完璧にすることで、応用問題にも対応することができるようになってくる

応用とは、 基礎をある具体的な事象にあてはめることだからだ。

なので、基礎ができていないと応用はもちろんできない。

とにかく“基礎”が大事

これを知っているだけでなく、常に意識し、毎日の勉強に取り入れてこそ効果がある。

今すぐ毎日見るような場所に 「基礎が大事!」というメモ用紙を貼っ付けちゃうくらいの勢いで“基礎”を意識していこう。

会計士試験の勉強方法をもっと知りたい場合は、以下の記事を確認してみてほしい。

関連記事:公認会計士試験合格者が実際に行った失敗しない勉強方法まとめ

 

URL :
TRACKBACK URL :

Warning: getimagesize(/home/spountant/wonderland02.com/public_html/wp-content/themes/dp-escena/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/spountant/wonderland02.com/public_html/wp-content/themes/dp-escena/functions.php on line 932